ホーム >  韓国 >  移動手段 > 韓国の地下鉄の始発と終電

韓国の地下鉄の始発と終電

韓国の地下鉄は、駅と路線によって違いますが、始発が5時半頃運行を開始し、終電は平日24時過ぎ、週末は23時過ぎまで運行しています。

路線によって始発と終電の時間はバラバラなので、事前に時刻表で確認しておく必要があります。

ソウルの主要駅の始発は朝5時半すぎ

始発時間はほぼ同じような時刻なのでわかりやすいです。

南大門市場、明洞、仁寺洞、梨大、ロッテワールド 、江南などは平日も週末も始発は5時35分前後となっています。

詳しくは時刻表を確認する必要がありますが、5時半前に駅に着いて改札を抜けておけば始発の電車に乗ることができます。

LCCなどで朝の便に乗る場合は仁川国際空港まで1時間以上かかると見積もって早めに電車に乗るようにしたいですね。

終電は時間が平日と週末で1時間も違いがある

ソウルの各駅の終電時間は平日は24時過ぎ~24時50分くらいまで。これは駅によって順次終電になっていくので、利用する駅の終電時間を確認してください。

週末は1時間ほど終電時間が早まって23時過ぎまで。これを知らないと夜中に仁川国際空港に向かう場合など終電を逃す可能性が高いので、平日も週末も23時までに仁川国際空港行きの電車に乗ることを心がけておいたほうが良さそうです。

日本の電車と似たような感じと覚えておく

このように韓国ソウルの電車はほぼ日本と同じような時間で運行しています。

当然24時間運行ではないので、始発と終電を事前にチェックしておくことをお薦めします。

韓国の地下鉄の治安

治安レベルは日本と同じくらいなので韓国の地下鉄は夜中の終電も安全に利用できます。地下通路などでホームレスが寝ていることがありますが、近寄らないようにすれば問題ありません。

スリなどの犯罪も日本と同レベルです。満員電車では気を抜かないようにすれば問題ありません。

ただし女性に特に人気の韓国ですが、性犯罪がかなり横行し多発している国ということだけは忘れないようにしましょう。深夜の地下鉄の中では大丈夫だと思いますが、夜くらい時間帯に外に出るときなどは周囲をよく見て逃げることも重要な手段として覚えておきましょう。

関連ページ