ホーム >  ロサンゼルス >  飛行機搭乗記 > 【搭乗記】羽田-ロサンゼルス ANAエコノミークラス3席フルフラット(2018年11月)

【搭乗記】羽田-ロサンゼルス ANAエコノミークラス3席フルフラット(2018年11月)

羽田深夜便でロサンゼルスへ。今回はエコノミークラスのバルクヘッドでもない席を取りました。というのも、窓側まで3席あるすべてが空席だったからです。

結果的に3席すべてを使うことができ、フルフラットエコノミーとして横になったままロサンゼルスへ行くことができました。

普通のエコノミークラスですがフルフラットでロサンゼルスまで

【搭乗記】羽田-ロサンゼルス ANAエコノミークラス3席フルフラット(2018年11月)
このように普通のエコノミークラスです。今回は通路側の席を予約していました。3席空いている場合は真ん中を取って隣を通路側も窓側も座りたくないと思わせる方法もありますが、両隣に来られるときついので私はやっていません。

【搭乗記】羽田-ロサンゼルス ANAエコノミークラス3席フルフラット(2018年11月)
座るとこんな感じで、真ん中だとかなり圧迫感がありますよね。

このまま隣に誰も来ないでくれ・・・という願いが届いたのか、横2席に誰も来ないままドアがクローズ。10年ぶりくらいにフルフラットエコノミーを楽しめる日が来ました。実際フルフラットで寝てみましたが、やはり座面の奥行きが狭いので仰向けには眠れないですが、横を向いて寝るならなんとかいけそう。

窓側を背もたれのようにして横を向いて脚を伸ばして座るなど、座り方は自由になるのでストレスがなくとても快適にエコノミークラスのフライトを楽しむことができました。

機内食

【搭乗記】羽田-ロサンゼルス ANAエコノミークラス3席フルフラット(2018年11月)
まず深夜発なので最初は軽食。ロール半分にビールを。ANAラウンジでしっかりと食べてきたので、〆という感じでしょうか。さっぱりしていて美味しかったです。

このあとは朝までずっと暗い状態が続きます。映画を見たり横になって軽く寝たりしながら数時間。

【搭乗記】羽田-ロサンゼルス ANAエコノミークラス3席フルフラット(2018年11月)
小腹がすいたのでギャレーに行くと軽食が置いてありましたのでコーラとポテトチップス、キットカットを持ってきて映画鑑賞。最高ですね。これにバナナなどがANAのエコノミークラスに置いてある定番軽食です。

ポテトチップスは袋も小さいですが中身もほとんど入っていないので2時間の映画を映画館で見るときのようにポリポリとスナックを食べたい方は2袋くらい持ってきたほうが良いと思います。それでも足りないですね。

【搭乗記】羽田-ロサンゼルス ANAエコノミークラス3席フルフラット(2018年11月)
到着1時間前になり朝食の機内食が配られます。今回は和食を選びました。鮭フレークと卵がかかったご飯で、シンプルで一見チープにも見えますが普通に美味しくて全部食べてしまいます。抹茶パンは2018年の定番になったのでしょうか。抹茶すぎることなく美味しいです。

というわけでロサンゼルスは4時頃、9時間ほどのフライトでようやく到着です。今回はロサンゼルスに着き、その後カナダへ移動、カナダから羽田に帰るという2カ国旅行のため、帰国便のロサンゼルス-羽田のフライトはありません。

関連ページ