投稿日:2018年10月 3日|最終更新日:2018年10月 4日

【宿泊記】デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター

デトロイトのGM本社と直結していることで観光名所とデトロイトの代名詞にもなっている建物にマリオットが入っています。73階建ての建物の中にマリオットが入っていて、マリオットは70階まで客室を提供しています。

今回は63階のエグゼクティブスイートに無料でアップグレードされ、最上級のタワーホテルを堪能することができました。本当に最高の体験をすることができ、SPGアメックスに入っていてよかったと思えた瞬間でした。

ホテル正面入口はわかりにくいかも

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ここがデトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターの正面玄関です。かなりカオスな状態で、車で横付けするのが当然のように作られています。駅などから歩いてデトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターまで来る人が皆無だから、そしてこの敷地はかなり広いのですが、ホテルだけでなく大型のレストラン、バー、カンファレンスエリア、ショップ、そしてGM本社が入っているため、メインはGM本社へ来る人のための正面玄関なのだと思います。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
この地図の通り、建物自体の入り口は北側にあり、通りに面しています。この建物自体がカンファレンスルームがたくさんあるので、外部利用者のほとんどがここから入ると思います。レストランなどもこちらがわにもあります。

ホテルエントランスは奥まったところにあり、こちらからエレベーターで3階に上がると受付があります。

ロビーフロア

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ここがエレベーターを降りた3階のロビーフロアです。エレベーターを出て正面左側にカウンターがあるのでここでチェックイン・チェックアウトを行います。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
受付の反対側にはバーがあります。3階までは誰でも入れるため、夜になると一般客が入ってきてかなり盛り上がります。夜の模様はまたこの後半で詳しくレポートしますね。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
受付の左側に、客専用エレベーターまでの通路があります。ここを進んでいくのは基本的には宿泊客のみですが、エレベーターに乗らずに別のカンファレンスエリアに行くこともできるので、一般参加者などもここを通ることがあると思います。

63階までエレベーターで一気に上がります。
デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
エレベーターホールを出ると、ちょっと殺風景な感じ。特に高級感は感じられません。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
廊下を進んでいくとようやく今回予約した部屋にたどり着きます。SPGアメックスカードのおかげで、ゴールドエリート会員になっているため、高層階をアサインしてくれたので嬉しかったのですが、入ってびっくり!ただの高層階ではなく、2部屋繋げた豪華なエグゼクティブスイートだったのです!

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターの中でも最も高級なランクの部屋です。ゴールドエリートの上にプラチナエリートがあるにもかかわらず、しかもスタンダードルームで1泊5万円を超えていた時期にもかかわらず、エグゼクティブスイートに通されたのは、確実にSPGアメックスカードに入っていたからだと思います。

ではデトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターのエグゼクティブスイートルームをご紹介します。

客室内の紹介

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
どうですか!入った瞬間驚きましたよ!ベッドルームが別になってる!!フロアはピカピカの大理石になっていて、奥のリビングルームは絨毯です。窓が床から天井まで伸びていて、さらに室内全面ガラス張り仕様です。この陽が傾き始めた感じも最高です。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ひとり掛けソファと3.5人掛けのカウチソファが配され、テーブルや間接照明の雰囲気も良いですよね。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ソファに座って見える室内はこんな感じで、テレビボードがあり、サイドに飾られている調度品もセンスがあります。生活感のなさがかっこいいですね。そして向こう側にはベッドルームが広がっています。行ってみましょう!

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
地球が丸いと思ったことってありますか!?この景色最高すぎます・・・。ベッドルームは通常の1部屋分を使っているのでかなり広いです。ベッドが小さく見えますがキングサイズです。とても寝心地が良かったですよ。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ベッド側からリビング側を見ると、デスクと小さなテレビも配されています。贅沢すぎる作りですよね。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
このベッドルーム、奥にまだ通路があるんですよ。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
奥に進むとそこはバスルームでした。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
パウダーエリア。ここは普通の感じですね。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
バスタブはハーフで、こちらも普通。バスルーム全体は普通の部屋と同じものをそのまま使っているように感じました。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ちなみに入口ドア付近にキッチンではないですが水道設備が備わっていました。これは特に使うことはなかったです。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターからの景色

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
リビング側の景色は、デトロイト川とその向こう側のカナダが見えます。これは素晴らしいですね。この窓は北西向きなので、メインはベッドルームからのデトロイトダウンタウンが一望でき、ギリギリ西側のデトロイト川とカナダが見えるという絶景の部屋だったんです。

地平線が見えるように地球の丸さがわかるこの絶景は今写真で見ても素晴らしいの一言に尽きますね。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
こちらがデトロイトのダウンタウンです。すぐ下にある建物の屋根はマリオットが入っている同じ建物の屋根です。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
夜景はこちらのようになっていて、スタジアムの光がよく見えます。週末の滞在だったので多くの人たちがデトロイトから、そしてカナダからも訪れていましたよ。全米市危険な街と言われるデトロイトですが上層階から見ると静かで、少しずつ治安改善に向けて頑張っていることが伝わってくる、とてもすばらしい夜景だと思います。

コンシェルジュラウンジ

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターには上級会員とクラブアクセスのついた部屋に宿泊している客だけが利用できるコンシェルジュラウンジがあります。毎日入れるものだと思っていましたが、なぜか平日しかオープンしていないとの記載があり、滞在最終日の朝だけ入ることができました。普通は毎日使えるしホテルによっては24時間開放しているところもあるのに・・・。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ラウンジに入ると、すぐ飲み物コーナーが並びます。この位置はドアにすぐ近いところにあり、ここで飲み物を持って中に入ったり、逆に飲み物を持って外に出たりするために配置されているようです。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
入って右側です。ガラス張りになっていて外が見えますがまだ夜明け前です。これでも朝6時なんです。この窓とは反対側に食事が並んでいます。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
このようにズラッと食べ物が並びます。種類はそこまで多くなく、アメリカの朝食という印象が強いですね。銀の容器はホットミールが入っていて、スクランブルエッグやベーコン、ソーセージなどがあります。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
まずはフルーツ類。これくらい種類があれば個人的には満足です。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
そしてパン。種類豊富です。ちょっと甘い系のパンが多いのでたくさんは食べられなそう。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
トースターもあるのでトーストは温めて食べることも可能です。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ラウンジに入って左側にはシリアルバーも設置。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
食べ物エリア近くの席についてみました。この奥に見えるのがラウンジに入って左側のエリアになります。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ちょっと質素な感じですよね。サラダなどがあればよいのですが。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ヨーグルトがあったのでコーヒーも持ってきて一休みします。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターは別に安いホテルでもないのでもう少し食事の種類を増やしてほしいですね。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ラウンジからの景色はあいにくまだ夜明け前ということで真っ暗でした。青いラインが見えるのはデトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターと同じ建物の最上階部分です。

ちなみにラウンジの食事は3階のエントランスにあるバー、VOLTの朝食ビュッフェで出てくる食材の一部だと思われます。こちらも前日日曜日の朝に食べに行ったレポートをこのあとに書いてありますので見てみてくださいね。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターの周辺の治安は良好

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターの周辺の治安はかなり良いです。外は人がほとんど歩いていませんが、デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターの川沿いだけは別格で、多くの人たちが日中はゆったりとした時間を過ごしている安全なエリアです。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
この地図で見ると、矢印で書いた部分を撮影したのが舌の写真です。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ガラス張りのデトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターがあります。2階にはやや高級なレストランがあり、夜になると満席になります。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
川沿いはテラス席が多く、パラソルまで出ていて多くの人たちがまったりとした時間を過ごしています。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
ここはデトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター宿泊者だけでなく、恐らく周辺のオフィスで働く人たちやダウンタウン近くに住んでいる人たちが車で来て過ごしているのだと思われます。かなり安全です。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
河の向こう側はカナダです。アメリカで禁酒法が施行されていた時代、カナダでお酒を買っていたとか密輸していたという話が残っています。そしてカジノが違法であるデトロイト側ですがカナダの向こう側にいけばカジノができるということでカナダ側に渡り遊びに行く人もいるのだとか。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
夜はこのようにライトアップされます。夜9時10時過ぎても人が多く、2階のレストランは賑わっています。治安が悪いから夜になると人がいなくなる、というわけではなく、普通に東京と同じくらいの時間感覚で過ごすことが出来ます。ホテルの外には警官も多く配備されていて治安は良好です。こちらの入り口からホテル建物に入ろうとすると警官に呼び止められますが宿泊者だと伝えると笑顔で通されます。特に厳しいわけではないですが、一応声がけしているという印象でした。

デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センター
カナダ側もライトアップされていますね。赤いネオンはカジノホテルです。そして川沿いを散歩する人々。デトロイトの治安が悪いと言われているものの、デトロイト・マリオット・ルネッサンス・センターに関して言えばまったく危険ではないことがわかります。

地図

※閉業が終了したり別店舗になっていたり、場所自体がなくなっている場合もあります。

関連ページ