ホーム >  海外旅行テクニック > 1泊や2泊の海外旅行航空券が高い理由と安く利用する方法

1泊や2泊の海外旅行航空券が高い理由と安く利用する方法

海外旅行に必要な国際航空券。なかなか休みが取れないから1泊や2泊で調べてみるとエコノミークラスなのに高すぎて行く気が失せた、という経験をされたことがあると思います。

実は格安航空券には『最低滞在日数』という縛りが設定されていて、最低でも旅行先現地に○○日滞在するから安く買える、というルールが設けられているんです。この最低滞在日数よりも短い滞在日数で往復航空券を買うと正規運賃扱いとなり一切割引がきかない場合が多く、どうしても高額な航空券を買わざるを得ないわけです。

最低滞在日数とは

最低滞在日数、旅行関連用語としては英語でミニマムステイとも呼ばれます。

  • アジア・・・2泊以上
  • アメリカ・・・3泊以上
  • ヨーロッパ・・・4泊以上

などのように規定があり、旅行先現地にアメリカの場合は最低3泊滞在することで格安航空券の安い値段で航空券が買えます。ホテルと航空券が接になったパッケージツアーでロサンゼルスが3泊5日とか4泊6日になっているのはこのためです。最低滞在日数の3泊からプランが組まれるのです。

逆にアメリカに2泊4日で行こうとしたら最低滞在日数を割る日程になるので格安航空券は取れません。

格安航空券は普通運賃から色々縛りがあって安い

航空券というのは『普通運賃』というものがベースです。しかし普通運賃だとエコノミークラスでも20万円を超えてしまいます。ここから色々な条件や縛りをつけて価格を安くしていき最終的にガチガチに固められているのが格安航空券なのです。例えば下記のような縛りがありますよね。

  • 予約キャンセルが有料
  • 予約キャンセルができない
  • 日程変更が有料
  • 日程変更ができない

すべてできない自由度の低い航空券が格安航空券です。何か都合が悪くなってキャンセルしても返金されないなど制約があるかわりに航空券自体の値段がとても安くなるんですね。

なので、航空関係や旅行関係の人たちは格安航空券が安い理由と正規運賃が高い理由を当たり前のように知っていて取り扱っているのですが、私たち消費者は理解しがたい金額になってしまって驚くわけです。

1泊や2泊の海外旅行の航空券を安く買う方法

マイルを使った特典航空券

最も簡単なのはマイルを使って無料で乗る特典航空券を利用する方法です。特典航空券には最低滞在日数は設定されていません。

私は日帰りや1泊でアメリカやヨーロッパ、シドニーなどに行くことが多いですが特典航空券もその中に織り交ぜて利用しています。ただし燃油サーチャージと航空会社のサービス料や空港使用税などは別途請求されるので完全無料ではなく2~3万円はかかります。

特典航空券を使う方法が短期の海外旅行の航空券代を安くする方法です。

海外発券の航空券を買う

これは上級者向けというか、面倒なのでお薦めはしませんが、短期間で海外旅行に行く旅慣れた人たちはほぼ海外発券の航空券で旅行しているので慣れてしまえば手間はかかるものの最短日帰りで安く海外旅行に行くことが可能になります。

通常の航空券は羽田からロサンゼルスへ行き、ロサンゼルスから羽田に戻ってくる航空券です。

海外発券による航空券はロサンゼルスから羽田に行き、羽田からロサンゼルスに戻る海外のロサンゼルス発の航空券のことです。通常はこの海外発券の航空券を何組も組み合わせて使います。

例えばこのようになります。

◆航空券 No.1
1/1 ロサンゼルス発
1/2 羽田着・・・帰宅して日常生活に戻る
2/1 羽田発
2/1 ロサンゼルス着・・・1泊観光
----------------------------------------------
◆航空券 No.2
2/2 ロサンゼルス発
2/3 羽田着・・・帰宅して日常生活に戻る
3/1 羽田発
3/1 ロサンゼルス着・・・1泊観光
----------------------------------------------

この繰り返しです。羽田着で日本に着いたときに日常生活に戻ります。航空券 No.1と航空券 No.2は別の航空券になるので、このようにくっつけて使っても最低滞在日数などは無関係ですよね。

ただし最初にロサンゼルスから始まる航空券なので、予めロサンゼルスに行く航空券を購入する必要があり、また永遠に航空券のループをするわけもいかないと思うので、最後ロサンゼルスに戻った後に羽田に帰ってくるための航空券も必要になります。ここが海外発券が面倒な部分ですね。

私は普通の1年間有効な往復航空券で、上記の航空券 No.1と航空券 No.2の海外発券航空券を挟む形にしています。

海外発券は国内の祝日が関係ないので繁忙期も安く海外に行ける

補足ですが、海外の祝日と日本の祝日は違うため、ゴールデンウィークに海外発券の航空券で海外旅行の日程で予約しても値段が平常時と変わりません。

私は毎年ゴールデンウィークやお盆、シルバーウィークなどに海外に1泊や2泊程度の短期間で旅行に行きますが、航空券はすべて海外発券によるものです。皆エコノミーで40万円以上支払っているなか私は海外発券のプレミアムエコノミーで20万円でアメリカ1回と東南アジア2回分を購入しています。もう通常の航空券は高すぎて買う気になりません。

短期で海外旅行に行くなら特典航空券か海外発券の両方をうまく合わせて利用するととても無駄な正規運賃を支払うことなく弾丸旅行が可能になります。

関連ページ