ホーム >  海外旅行テクニック > 空港でスーツケースを早く受け取る方法

空港でスーツケースを早く受け取る方法

空港でスーツケースを早く受け取る方法

空港で預けたスーツケースがレーンから早く出てくるようにする方法があります。それは、スーツケースに『プライオリティタグ』をつけてもらうことです。しかし誰でもつけて欲しいと言えばつけてもらえるものではありません。プライオリティタグをつけてもらえる条件は下記のとおりです。

  • ファーストクラス
  • ビジネスクラス
  • プレミアムエコノミー
  • ダイヤモンドステータス(ANA最上級会員)
  • プラチナステータス(ANA上級会員)
  • SFC会員(ANA上級会員達成後のクレジットカード保有者)
  • スターアライアンスゴールドメンバー

というわけで、要するに普通にエコノミーに乗るだけでは早くスーツケースを受け取ることは難しいのです。

ちなみにANAにたくさん乗って一定条件を満たしている上級会員資格保有者はエコノミークラスに乗ったとしても上級会員の特典としてプライオリティタグをつけてもらえます。

ファーストクラス、ダイヤモンドステータスはさらに早くスーツケースを受け取れる

実はファーストクラス利用者とANAの最上級会員資格であるダイヤモンドステータスの人は、『ファーストプライオリティタグ』がつけられます。これはプライオリティタグよりもさらに早く出てくる特別なタグです。

実際私もシドニー旅行の時につけてもらいましたが、最初に出てきたのですぐに税関チェックを行い空港から出ることができました。スーツケース3つすべてにファーストプライオリティタグがついていたので助かりました。

ファーストクラス・プライオリティタグとプライオリティタグの違い

ではファーストクラス・プライオリティタグとプライオリティタグの出てくる早さの体感差を書いておきますね。

今までANA利用時はすべてプライオリティタグをつけてもらっていたので、ファーストクラス・プライオリティタグをつけてもらった時のスーツケースの出てくる早さは確実に違いました。

プライオリティタグをつけていても、なかなか出てこないんです実際は。なぜかというと、プライオリティタグをつけて貰える人の数が圧倒的に多いからです。

特にSFC修行を一度でもした人は一生SFCを持つことでプライオリティタグをつけてもらえます。SFC会員は毎年何人も誕生しているので必然的にプライオリティタグがついたスーツケースが増えます。またANAをいつも利用しない人でもスターアライアンスのゴールドメンバーになっていればANA利用時にプライオリティタグをつけてもらえます。これらはエコノミークラス利用でもプライオリティタグをつけてもらえるので、トータルでプライオリティタグ付きのスーツケースは大量になります。

しかしファーストクラス・プライオリティタグが付いているのは実際にファーストクラス利用者数名とダイヤモンドステータス所有者のみです。これはさすがにそこまで多くはありません。余程ビジネス等で毎年乗り込んでいない限りはなかなかダイヤモンドステータスになることはないからです。しかも同じ飛行機に大量にその人たちが同乗していることもないからです。

実際に私が体験したファーストクラス・プライオリティタグのスーツケースはほぼ先頭に出てきました。誰よりも早くピックアップして空港をあとにできました。確かに本当にANAを利用している上級顧客に対してこれくらいの差をつけるのは当然だと思いました。

とは言え、プライオリティタグでも普通の荷物よりは当然早くでてきますので、価値がほとんどないかというとそうでもありません。一度でもプラチナステータスになってしまえば、あとはSFC会員になり、ずっとプライオリティタグをつけてもらって早くスーツケースを受け取れるわけですから、やはりSFC修行はしたほうが良いと思います。

関連ページ