ホーム >  海外旅行テクニック > スーツケースを無料で空港と自宅へ郵送する方法

スーツケースを無料で空港と自宅へ郵送する方法

スーツケースを無料で空港と自宅へ郵送する方法

重いスーツケースを持ち運ばなくてOK

大型のスーツケースは行きの電車やバスで邪魔ですし帰国時は重くなっていて帰るのも大変です。私は行きも帰りもスーツケースを無料で配送してもらっています。

基本的にアメックスカードの特典を利用して無料でスーツケースを配送しています。概要は下記のとおりです。

  • アメックスカードで往復送料無料の『手荷物無料宅配サービス』を利用
  • 対象カードはアメックスゴールド、プラチナ、MUFGアメックスプラチナ
  • 行きは出発一週間前までに電話で集荷依頼を出す

ちなみにVISAはプラチナですら優待価格として500円かかるので断然アメックスカードがお薦めです。

対象アメックスカード1枚につき1つのスーツケース配送が無料

アメックスカードは色々あるのですべて網羅するとキリがないので私が利用していた、利用しているカードでご紹介します。

アメックスゴールドカード

基本的にはアメックスゴールドカードであれば成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港というメジャーな空港で『手荷物無料宅配サービス』を受けられます。私の本会員カードで1つ無料、妻の家族カードで1つ無料となっています。

アメックスプラチナカード

アメックス・プラチナカードは年会費13万円と高額ですが毎年何度も旅行に行く人や海外出張が多い人にはかなり使える、年会費の元をとれるカードです。プラチナなら1枚で2つのスーツケースを無料で空港まで送ることができます。妻の家族カードと合わせたら4つまで無料で送れます。もし子供がいて家族4人で海外旅行に行く場合は親ふたりのカードだけで子共の分のスーツケースまで無料で送り、帰国時も重くなったスーツケースを無料で自宅まで送ってもらえます。これはかなりラクになります。

他にもここでは割愛しますがプラチナカードは世界のホテルチェーンの上級会員になれたりと特典がとても素晴らしいカードです。

MUFGアメックスプラチナカード

年会費2万円という破格のプラチナカードです。家族カード一枚が無料発行可能で、本会員と家族カード会員で1つずつスーツケース配送が往復無料になります。

ちなみにMUFGアメックスプラチナカードは家族カードを含めてプライオリティパスの発行も無料です。当然1年分のプライオリティパスを2枚発行してもらいました。そして海外旅行保険も自動付帯になっているのでこの面でも助かりました。たった2万円の年会費ですがこのようにフルに使い倒せば元が取れるはずです。

SPGアメックカード、デルタアメックスゴールドカード

シェラトン、ウエスティン、マリオット、リッツ・カールトンなどのホテルベネフィットのためと割りきって発行したアメックスカードSPGアメックスとデルタ航空の上級会員になれるデルタアメックスゴールドカードです。どちらも年会費3万円と高いですがゴールドカードと同等の効力を発揮します。

ただし注意したいのが、SPGアメックスとデルタアメックスゴールドはスーツケース配送先に羽田空港が対象になっていないことです。最近は成田を使うことも少なくなったと思いますし、そう考えるとこの2枚の『手荷物無料宅配サービス』は使いにくいかもしれません。さらに出発時の集荷は対象外で帰国時のみ無料で配送ということで、年会費3万円以上と高額で旅行特化のカードにも関わらず少しトラベル系のベネフィットが弱くなっています。

また家族カードは年会費が高いので本会員のみ、1つのスーツケース帰国時配送無料と考えたほうがイイですね。私はSPGアメックスをメインカードにしてホテル上級会員を維持するのでちょっと残念ですね。

スーツケースがないだけで随分ラク

私は仕事が終わって一度帰宅してすぐに家を出て空港に向かう、という弾丸旅行のような状態が続いています。スーツケースをガラガラ引きながら最寄り駅まで行き、そこからリムジンバス停留所まで移動する、これはけっこう大変です。

しかしスーツケースがなければ普段通りの移動で空港まで行くことができるのでなぜ今まで『手荷物無料宅配サービス』を利用してこなかったのだろう・・・と思います。

特に帰国時の疲れた体で重たいスーツケースを二個持って帰るのはキツいです。毎回受付カウンターで預けて帰宅しています。早朝帰国の場合は即日夕方には届くので便利です。

関連ページ