投稿日:2022年9月20日|最終更新日:2022年9月20日

海外で日本のSIMをそのまま使えるお薦め携帯会社

時代は変わり、日本で使用しているSIMを入れたまま海外で電話、SMS、データ通信ができるのが当たり前になりつつあります。

その中でも月額費用が安くお薦めの携帯会社2社についてまとめました。

楽天モバイルの海外ローミング

楽天モバイルの料金体系

0-3GB・・・1,078円
3-20GB・・・2,178円
20GB以上・・・3,278円

海外データ通信容量は毎月2GBが付与されていて、これを超えると海外で速度制限(最大128kbps)がかかります。

楽天モバイルがお薦めの人

毎月日本で20GBも使わない人。20GB以内なら2,178円で、さらに海外でも2GBデータ通信が可能です。電話やSMSも楽天のアプリを介して行えば国内外どちらでも無料。私は楽天モバイルを使っています。

ahamoの海外ローミング

ahamoの料金体系

20GBまで2,970円。国内でも海外でも20GB使えます。国内通話は5分迄なら無料。

ahamoがお薦めな人

海外でも大量にデータ通信をする可能性が高い人。ahamoは20GB付近になると、楽天モバイルに比べて割高になるので、国内というよりも海外で多くデータ通信をする、もしくは滞在期間が長くトータルでデータ通信量が不足しては困る人向けのサービスです。

SIMの差し替えが不要だとお得でとても便利

以前は空港でモバイルルーターを借りたり現地のSIMを買ったりしていましたが、今は国内の携帯会社のSIMを入れっぱなしにしてそのまま海外で使えるのでとても便利です。

追加料金が不要なので、ルーターを借りていたときの出費がまるまるなくなると考えると凄いことですよね。現地のSIM購入の手間と入れ替えの手間もなくなるのは大きいと思います。SIMの紛失リスクもないわけですからね。

関連ページ