ホーム >  JAL利用ノウハウ > 【約10万円】JALビジネスクラスで東南アジア3カ国を旅行する方法

【約10万円】JALビジネスクラスで東南アジア3カ国を旅行する方法

アラスカ航空マイルを購入しJALにビジネスクラスに乗る

JALのビジネスクラスを利用してアジア、東南アジア3カ国を10万円ほどで旅行する方法。通常のビジネスクラスを購入して3カ国に行こうとすると1カ国だけで10万円は超えてしまいます。

しかしJALと提携しているアラスカ航空のマイルを使うと、JALよりも少ないマイル数で特典航空券を発券することができます。

そこで問題なのはアラスカ航空のマイルはどうやって貯めるか、ということです。日本人の場合はアラスカ航空のマイルを貯めることはなかなか難しいのが実情ですが、アラスカ航空はマイル自体を公式から購入することができます。さらに定期的に行われるボーナスマイルセールのときに購入すると通常よりも40%~50%のボーナスマイルがついた状態で購入できます。

今回10万円前後で3カ国分のJALビジネスクラスをゲットするのは、アラスカ航空のマイルをボーナス期間中に購入することで実現します。

アラスカ航空とJALの必要マイル数の比較

アジア-日本-アジアの片道特典航空券を2つ発券する

片道25,000マイルでアジア-日本-アジアのJAL特典航空券を合計2枚発券します。ということでここで必要なのは5万マイルです。別途手数料が片道ごとに60ドルほどかかりますが、それでも激安でJALビジネスクラスに乗れることに変わりはありません。

ここではバンコク-東京-デリーの片道航空券とデリー-日本-クアラルンプールの片道航空券を取ってみます。

帰国便の航空券を用意する方法

【案その1】旅の最初と最後の航空券を用意する

今回の場合はバンコクに行くための航空券を用意します。スクートでセールをやっていたので、スクートのビジネスクラス、スクートビズの片道航空券を買いました。注意が必要なのはJAL利用の際のバンコク国際空港とLCCのスクートが利用する空港が違うということです。

続いてクアラルンプールからの帰国便をとります。これも同様にLCCの片道航空券でOKですが、私の場合はクアラルンプール発券の航空券を使うため、ANAのクアラルンプール発航空券と繋げるために今回は買いませんでした。

【案その2】海外発券を永遠とループさせる

今回バイマイルしたアラスカ航空のマイルを常に買い続け、アジア-日本-アジアのJALビジネスクラスを永遠に買い続けることでクリアします。最後にこのループを閉じる際は、LCCなどの片道航空券で最後の国から日本に帰る航空券を購入して終了となります。

例えば、

  1. バンコク-東京-クアラルンプール
  2. クアラルンプール-東京-デリー
  3. デリー-東京-ジャカルタ
  4. ジャカルタ-東京-シンガポール
  5. シンガポール-東京-香港

のように、常に最後と最初のアジア各国がくっつくようにすると楽ですね。クアラルンプールとシンガポールは近いですし、そのような場合は別途LCCを購入して移動しても良いと思いますが、私は面倒なのでこのように繋げると思います。すべてJALのビジネスクラスで、片道5万円で楽しめます。最高ですよね。

日中のフライトが最もお得にJALビジネスクラスを楽しめる

ちなみに、JALビジネスクラスに乗るなら深夜便ではなく日中にフライトする便を選んだほうが機内食が多く出てくるのでおすすめです。特に長距離線になると2回のビジネスクラス機内食を楽しめます。

これが深夜便の場合は乗ったら飲み物とスナックが出てあとは就寝モードで機内が暗くなります。あとは到着前に軽食のような食事が提供される程度ですので、断然昼便がおすすめなのです。

アラスカ航空とJAL特典が改悪されることを頭に入れておく

今回紹介したアラスカ航空とJALマイルのお得なビジネスクラスの特典航空券については、今後改悪の可能性があることを頭に入れておきましょう。

例えば25,000マイルでアジア-日本-アジアの片道航空券が取れるからこそお得ですが、これが35,000マイル必要になるとか、このアジア-日本-アジアの区間が片道とは認識しないように規約を変えるなど。

マイレージは常に改悪を続けるものです。お得な甘い蜜をたくさんの人が吸い始めると航空会社はすぐに予告なしに改悪しシャットダウンを図ります。これの繰り返しです。

ですからアラスカ航空のマイルをボーナス期間中に購入したらできるだけ早くJAL特典航空券に交換してしまいましょう。交換が済んでいれば改悪されようとJAL特典航空券は発券済みになるので大丈夫。

しかしマイルを大量に購入し保持している状態で改悪されると、JAL特典航空券に交換したときのお得度が一気に下がります。さらにJALとの提携もなくなってしまうという最悪の状態になりかねません。そうなったらアラスカ航空のマイルは別の航空会社で使うしかなくなってしまいます。

このようにアラスカ航空がマイル利用に関する改悪が始まる前に早めにマイルを購入しJALビジネスクラスの特典航空券に交換することです。

アラスカ航空のマイルを買う方法

今回はボーナスマイルキャンペーン期間中にアラスカ航空のマイルを購入した例をもとにご紹介します。

まずはアラスカ航空のサイトに行き、会員登録を済ませた状態からスタートします。ちなみにアラスカ航空の会員登録から10日間立たないとバイマイルが出来ない仕様になっているようなので、購入する場合はあらかじめ会員登録を済ませておいてください。興味を持った今、まだボーナスマイルキャンペーンが始まっていなくても、今すぐ登録しておいてキャンペーンが来たときに即購入できるように準備しておく必要があります。


ページ上部のメニューより、「マイレージプラン」をクリックし、その中にある「buy and share miles」をクリックします。


次のページより、「buy miles」をクリックします。


すると購入するマイル数をプルダウンメニューから選ぶことができます。今回は最大で40%のボーナスマイルが付く期間ですので、このようなボーナスマイルが表示されています。アジア3カ国の片道チケットを2枚購入するので5万マイルになるように購入してみました。端数は出てしまいますが50,400マイルを選択します。


続いてクレジットカード決済を進めていきます。左側にクレジットカード情報を入力します。右側には今回購入するマイル数と必要金額が税金等とともに表示されています。「PAY NOW」をクリックすると決済完了です。


マイルの購入手続きは完了し、現在保留中という状態になります。合計50,400マイルを購入する手続きが完了しました。現在はペンディング状態になっています。カード決済はここで済んでいますがアラスカ航空のマイルは自分の口座にまだ反映されていません。マイル講座に反映されるまで24時間ほど時間がかかるようです。この間にJAL特典航空券の空席が無くなってしまう可能性もありますので、柔軟な日程調整ができるように意識しておいてください。


翌日にはこのようなメールが届きました。50,400マイルが反映されたようです。というわけでアラスカ航空のサイトのマイページにも行ってみましょう。


しっかりと50,400マイルが加算されていますね。アラスカ航空に乗らないので、フライトマイルのステータスはまったくなく、マイルだけが加算されている状態です。日本在住の人でアラスカ航空のマイルを購入する人たちのマイページ画面はこんな感じになっています。そして乗るのはJALビジネスクラスか路線によってはファーストクラス。面白いですね。いつ改悪されるかわかりませんので、マイルが反映されたらできるだけ早く予定を合わせて発券してしまいましょう。

関連ページ