JGCプレミア修行を維持するメリットを徹底解説

JGCプレミア修行を維持するメリットを徹底解説
半永久的にJAL上級会員資格を維持できるJGCで満足せず、毎年8万FOPを達成する必要のあるJGCプレミア修行をするメリットをまとめてみました。

ファーストクラスラウンジに入れる

JGCプレミア最大のメリットといえば、世界中のファーストクラスラウンジに入れることでしょう。

他社ワンワールド加盟のファーストクラスラウンジ

JGCプレミアになると、ワンワールドの最上級会員資格である「エメラルド」の資格を得ることができます。エメラルド会員になると、世界中の空港に配置されているワンワールド加盟航空会社が運営するファーストクラスラウンジの入室が可能になります。

一方ANAは他社ビジネスクラスラウンジまでしか入れない

一方でANAの最上級ダイヤモンド会員になったとしても、利用できるファーストクラスラウンジはANAだけ。スターアライアンス加盟の他社ファーストクラスラウンジには入れないんです。しかもJGCプレミアに必要な8万FOPとは違い、10万PPを毎年クリアしなければなりません。

それでいてスターアライアンス最上級会員であるにも関わらず他社のラウンジはビジネスクラスラウンジまでしか入れないなんて・・・。これなら毎年10万FOPの修行の意味はラウンジの面では薄れ、SFC修行を一度だけしてキープすれば十分なんですね。

実質72,000FOPでOKのJALがコスパ最強

JGCプレミアは毎年8万FOPで良いですし、毎年の初回搭乗ボーナスFOPが8,000FOP付くので、実質72,000FOP達成すればよいのです。

ファーストクラスラウンジだけでなく当然ビジネスクラスラウンジも入ることができるので、世界中の空港のワンワールドラウンジをたくさん体験できる機会が得られます。ANAの最上級会員よりも持ち出し費用は抑えられ且つ他社のファーストクラスラウンジにも入れる、これは大きなメリットです。

国際線の機内Wi-Fiサービス

通常は有料でしか利用できない機内のWiFiサービス。JGCプレミアになると、毎年40回分の機内Wi-Fiサービスのクーポンをもらえるキャンペーンが1年毎に行われています。

確実に毎年もらえるわけではないため、不確定なベネフィットですが、毎年JGCプレミアやダイヤ修行を継続するリピーターを繋ぎ止めるには良いサービスだと思っています。低速ではあるものの、ネットに機内から繋げられるのはとても便利です。

105%別途加算されるボーナスマイル

これはJGCもJGCプレミアも同じ加算率なのですが、搭乗マイルに加えて105%分のボーナスマイルが付くことです。ロンドンを海外発券プレエコ100%加算で往復すれば24,000マイルが加算されます。これは大きいです。

加算されたマイルで特典航空券を発券すれば、毎年修行以外にも好きな国へ特典航空券旅行が可能になります。ファーストクラスの発券だって、爆発的に貯まるマイルを利用することで実現可能でしょう。

最優先でスーツケースが出てくるプライオリティタグがスーツケースにつけられる

JGCプレミアとダイヤモンドはスーツケースが優先的に出てくるプライオリティタグの中でも、ファーストクラス利用者と同等の最も早く出てくるプライオリティタグがつけられます。

私は弾丸で海外旅行に行くので、現地に着いたときもできるだけ早く荷物を受け取って観光に行きたいし、帰国したときも早くスーツケースを受け取って帰宅したいので、これは嬉しいです。タッチの差ではありますが、早く出てくることに越したことはありません。

マイルの有効期限がなくなる

もし毎年JGCプレミア修行をすると、修行以外で海外旅行に行く時間がとれない年もあるかもしれません。その場合でも毎回マイルが貯まっていき、なかなか使い切れない状況になる場合もゼロではないですよね。

そのときにJGCプレミアならマイルに有効期限がなくなるので、翌年以降時間があるときに使うようにキープが可能になります。これは意外と嬉しいですね。

スーツケースが1個32kg余分に預けられる

JGCとJGCプレミアの場合、JAL国際線利用時は通常2個無料のスーツケースですがこれが3つも預けられます。

また1個あたり普通は23kgの制限が、JGCとJGCプレミアは32kgまで拡張されています。合計で96kgまで持ち込むことが可能なのです。私は毎回ギリギリの重量まで荷物を詰め込んでいるのでこれはとてもありがたいです。

ただしJGCとJGCプレミア、またダイヤモンド全員が同じ32kgなので、ここだけで考えるとJGCプレミアやダイヤ修行をする理由にはなりえません。ただ私が良いなと思う特典のひとつがこれです。

関連ページ