投稿日:2022年7月29日|最終更新日:2022年7月29日

【朝食】羽田空港「ひとしなや」で鮭膳を食べた

羽田空港のターミナル1で早朝に朝食を食べられる飲食店、「ひとしなや」に行ってみしまた。

6時半を過ぎるとどんどん人がやってきて外で並んでいてびっくり。もし空港に早くついているのであれば余裕をもって早く入ったほうが良いです。

早朝5時半からオープンしている数少ない飲食店

ひとしなやは早朝の5時半からオープンしているので、前泊している方などが多く利用しているようでした。自粛期間という時期も重なって、他の飲食店はまともに惣町からオープンしていなかったので「ひとしなや」だけに人が集中している様子でした。

店内は厨房を中心にコの字型のカウンター席。全体的に落ち着いた雰囲気で、ちょっとお高い和食のお店に入った感じ。

カウンター席なので食べたらゆったりできるタイプではなく、すぐ出る印象。回転も良いのかもしれません。

ひとしなやの朝食メニュー

「ひとしなや」の朝食メニューはたった2つしかありません。「ふたしなや」になってしまいそうですが・・・。

「白粥:990円」と「鮭膳:1,500円」があり、火鉢料理も別途注文できます。私はおかゆが苦手なので高いほうの鮭膳にしました。ご飯はおかわり無料です。

料理の前に水と温かい出汁が出てきました。出汁にこだわっているからそのまま飲んでもらいたい、とのことです。

「ひとしなや」の鮭膳

釜でご飯が炊きあがり、目の前で鮭が焼かれていく。

出てきたのはこの鮭膳です。上品でいかにも和食というイメージ。日本人だけでなく外国人にもオススメしたいですね。ただし量は少ないです。

鮭の切り身はもう少し大きいものかと思っていましたが、割りと小さいのでちょっと残念。ただし肉厚がしっかりしていて貧相な印象はありませんでした。とは言え男性だとこの倍くらいは欲しいと思う方が多いのではと思います。

ご飯はおかわりが無料だったのでそこは嬉しかった。お米も美味しくて炊き方もちょうどよい。

「ひとしなや」は早朝に羽田空港でしっかりした和食を食べたい方向け

「ひとしなや」は早朝5時半からオープンということで、早朝便の人もギリギリ食べられる時間に開いているのは本当に助かると思います。

とは言えやはり価格が空港価格。ちょっと高いなという印象でした。

この時間帯だと他にやっている飲食店は少なく、それを考えると本格的な和食を食べたい人には「ひとしなや」しか選択肢がありません。また帰国したときにすぐ和食を食べたくなる発作の出る人向けに最適。そもそも鮭膳は普通に美味しいので和食が恋しかった人にとっては絶品に感じるでしょう。

関連ページ