投稿日:2022年4月28日|最終更新日:2022年4月28日

スマートEXで座席変更する方法

新幹線の予約サービス「スマートEX」で座席変更する方法が公式でも詳しくピンポイントに書かれていないので座席変更のやり方がわからない人が続出しています。

今回はスマホの公式サイトからスマートEXで予約した新幹線の座席変更の方法をシェアします。

スマートEXで座席変更するには、予約すべてを変更することになる

スマートEXでは座席だけを変更することができません。

座席変更したい場合は予約全体を変更する必要があります。

まずはスマートEXにログインします。

予約の変更に進みます。

乗車日だけは入っていて乗車時間が入っていないので、希望の乗車時間、ここでは座席変更が死体だけなので「既に予約している乗車時間に近い時間」を選択します。ピンポイントで乗車時間を選択できませんが、選択した「分」に近い時間一覧が表示されます。

選択した時間帯に近い乗車時間の新幹線がいくつか出てきます。ここで既に予約した時間と同じ時間を選択します。

座席を確認することができるので、ボタンをタップして進みます。

開いている座席を選択して決定します。

すると最後に「変更(購入)」というボタンが出てきます。これをタップすれば完了です。

座席変更しただけなのになぜか「(購入)」と書いてあるのでこのボタンを押していいものか・・・。また一枚余計に買わされる雰囲気がしますが、差額が発生していなければ請求されません。以前購入した乗車券が払い戻しされ、新たに今回座席変更した乗車券を購入する形になります。

スマートEXの座席変更、正直めちゃくちゃわかりにくい

たかが座席変更するだけで新幹線の予約自体を変更しなければいけないのは無駄が多すぎますね。

そして座席変更をしたい人にとって「座席変更するメニュー」がどこにもないのはどうしたらいいかわからなくなるでしょう。特に初めてスマートEXを使う人は座席変更のやり方で詰むはず。なので実際にかなり多くの人がスマートEXの座席変更のやり方を検索しています。

さらに最後座席変更後の「変更する(購入)」という表現も下手すぎて不安を煽りますよね。また余計に請求が来たらどうしようと思った方は私だけではないはずです。

変更が完了すると変更完了のメールが届きます。このように購入金額は同じで、差額が0円となっているので、「なんとなく請求はないかもしれない」と思える感じ。これってそもそも座席変更という概念がないからこんな表現が限界なんでしょうね。

座席変更するには予約自体を変更した上で座席を再指定ではなく新たに指定する感じなんです。

ICカードで新幹線の改札を抜けられ、窓口にチケットを取りに行く手間も省け、事前に座席指定してチケットを購入できるのは便利ですが、座席変更くらい簡単にできるようにしてほしいですね。

関連ページ