ラスベガスのアウトバックステーキハウス

ラスベガスのストリップ周辺は良い意味でアメリカらしくないというか、独自のエンターテイメントの世界が広がっているのですが、そんな中でとてもアメリカらしい雰囲気を感じられるアメリカのステーキが食べられるアウトバックステーキハウスに行ってみました。今までの観光地を歩いていた自分がいきなりアメリカに引き戻された感じがあるこの雰囲気、素晴らしいです。肉もガッツリ、ビールも最高でした。

ちょっと入り口がわかりにくいアウトバックステーキハウス


ストリップ沿いを歩いていると、建物の上にアウトバックステーキハウスがあるのを見つけました。カジノの中から入れるんだろうな、と探したものの入り口がなかなか見つけられませんでした。


ウロウロしているうちにようやく階段にアウトバックステーキハウスのネオンが見えました。カジノの奥まで探していましたが手前にありました。


店内に入るとかなり広くてびっくり。もともと大きい店舗のイメージが強いアウトバックステーキハウスですが、外観からは想像できない広さ。こんな感じでバーカウンターなどがあるエリアが広がっています。


そして一段上にあがったところはウッド調になっていてこちらは少しこじんまりとしている感じ。暗くはないですが落ち着いていて良いと思います。週末は混雑するのでしょうか。
今回は写真にも写っている丸い5~6人が座れるテーブルに通されました。

今回はステーキにサイドメニューがふたつ付くセットを頼みました。メニューを見てもちょっとよくわからなかったので適当に・・・。


飲み物はサミュエルアダムスのボストンラガーとオレンジ系のカクテル。
そしてサラダとパン。こんなパン頼んだっけ?と思いましたがこれが黒糖パンではないのにそんな甘い風味と香ばしさ、パンの芳醇な美味しさですぐ食べてしまいました。
ビールは何も言わなかったら普通にラージサイズ、大ジョッキで出てきました。900円くらいするんですよね、これで。円安もあるので中ジョッキくらいでもよかったのですが、美味しいので結果的にこのサイズで満足。


そしてステーキ!これは私のではないですがちょっと脂のある感じでジューシー。焼き方はかなり色々選べて今回はレア。ほぼ生に近い柔らかさとジューシーさが味わえました。ステーキらしさを味わうならこちらが良いかもしれません。サラダとこの大量のポテトがこのステーキのセットです。


そして私は脂肪がほぼない丸々と分厚いステーキ。こちらはミディアムレア。食べごたえがありました。ちょっと蛋白な感じですが私は脂肪が嫌いなのでこのほうが食べやすいです。私のセットはこのサラダとさきほどのパンだったようですね。注文しておいて何を頼んだか忘れてしまいました。


ミディアムレアはこんな感じ。

レアの普通のステーキと食べ比べてみると肉自体に旨味があるのであまり火は通さないほうがいいかもしれません。
ボリュームもあり、パンも美味しかったしサミュエルアダムスも満足できる量(もう一杯いきたかったけど)でアメリカの夕食を楽しむことができました。

ラスベガスでお高すぎないガッツリ系の夕食ならアウトバックステーキハウス、お薦めかもしれません。雰囲気も良い感じです。

関連ページ