【海外旅行英会話】海外のホテルで使う英会話サンプル

海外のホテルで使う英会話サンプル
海外のホテルはある程度のレベルのホテルであれば、英語圏の国以外でも基本すべて英語でやりとりができるはずです。

逆に英語ができればどの国に行っても問題なくチェックイン・チェックアウト、さらに滞在中の疑問や不安などの解消も余裕ということです。大抵自分よりも英語力の高いスタッフがいるはずですので、何を言っているかを理解できるくらいにはなりたいですよね。

チェックインしたいときの英会話例

ホテルのほぼ全ての人が日本から予約を入れていくはずです。滞在先が確定していないとイミグレでトラブルになることもあるため、私は必ずホテルは自然に予約していきます。

Can I check in?

シンプルに「Can I check in?」と受付で聞けばOKです。もしチェックイン時間前に到着した場合でもこの聞き方で問題ありません。

さらに親切に言う場合は、すでに予約を取っているがチェックインはできますか?になります。英語にすると「I have a reservation, Can I check in?」となります。reservationは予約という意味です。

チェックインに至るまでの英会話

受付の担当者はすぐに「Passport please」とパスポートを要求してきます。要求される前にパスポートを取り出して、「Can I check in?」とともにカウンターに出してしまうのがスムーズでしょう。

パスポートの確認は個人情報と予約情報の照会をするためです。なので、まず名前を聞かれたり答えたりする対応はまずありません。予約してあればこれだけで手続きが進んでいきます。

クレジットカードを要求される

ホテルではチェックインの際にクレジットカードを要求することがほとんどです。これはデポジットと言われ、1万円くらいを予め引き落とされます。何もなければデポジットはチェックアウトの際に返金されます。

Credit card, please

大抵チェックイン手続きの最中に「Credit card, please」と言われます。クレジットカードはできればVISAがMASTERが確実ですが、AMEXもほぼ確実に使えます。JCBはホテルによって対応していないところもあるので注意が必要です。

部屋のリクエストをしてみる

希望がかなうかどうかは別として、部屋の希望を言うことは問題ありません。無料でアップグレードしてくれ、というのは厚かましいですが、下記のような部屋のリクエストは可能です。

部屋のリクエスト方法

長めの良い部屋にしてくれませんか?は「Do you have a room with a nice view.」でいけます。眺望の良い部屋は高層階だったり海が見える、都市が見えるなどホテルによって違います。ビル群の中にあるホテルの場合はそもそも眺望が期待できないところが多いので軽い感じでお願いすれば良いでしょう。

上階にしてほしい場合は「May I ask for a room on a higher floor?」でお願いする感じのほうがよいですね。上層階であってもスタンダードルームはあるので、基本的に料金に差は出ないはず。これくらいであればお願いしても問題ありません。

その他簡単なホテルでの英会話例

チェックアウトの時間は何時ですか?
「What time is check out?」
チェックインの際でも帰国の前日でもこのように聞けばOKです。

スーツケースを預かってもらえますか?
「Could you leave my baggage here?」
チェックアウト時間のあともフライトまで時間がある場合はチェックアウト後に観光に行きますよね。その際はホテルスタッフにスーツケースを預かってもらいましょう。スーツケースにタグがつけられ、半券を渡されます。スーツケースを受け取るときは半券を渡せば持ってきてくれます。

関連ページ