ウィーンのプリペイドSIMは空港ではなく市内で買うのがお薦め

ウィーンのプリペイドSIMは空港ではなく市内で買うのがお薦め
ウィーン国際空港にはプリペイドSIMの販売ブースがあり、そこですぐにプリペイドSIMを購入することができますが、1社からしか選べません。

しかもよりによって代金の高い通信事業者のプリペイドSIMしか販売していないので、空港では買わずに市内まで出てからSIMを買うのがお得。そしてお薦めです。

ウィーン国際空港でプリペイドSIMを買う

ウィーン国際空港では3(Drei)という通信事業者のプリペイドSIMしか売っていません。

6GBのデータ容量にSMS通信や通話がついて24ユーロ。ちょっと割高ですね。空港に着いてすぐにSIMを使う必要がある方以外は市内に出て買ったほうがお得です。

ウィーン市内でプリペイドSIMを買う

ウィーンにはA1、T-Mobile、そして空港で買える3という3つの通信事業者がありますが、この中で最もオトクなのがT-Mobileで、10GBのデータ通信のみ(1ヶ月有効)で15ユーロで購入できます。短期旅行者には十分でしょう。

ウィーン市内にはT-Mobileのショップと提携店がありますが、基本的にT-Mobileのロゴマークが看板にあれば契約できます。

事前にT-Mobileのショップを調べるにはhttps://www.magenta.at/shopfinder/でホテルの郵便番号を『PLZ』に入力し検索すると周辺のT-Mobile取扱店舗が出てきます。

T-Mobile本店も提携ショップもオープンが朝9時なので、早朝便で着く場合は時間を潰さないといけません。そのため観光地の旧市街まで出てしまって、そこで観光しつつ時間になったらSIMを買うのも良いと思います。

上級者向け、Hoferで激安MVNOデータSIMを契約する

オーストリアには4社目のデータ通信事業者があります。それはHoferというスーパーが販売しているHOTというプリペイドSIMです。空のSIMをスーパーHoferのレジで購入し、そこに使いたい容量の費用をチャージします。

初めてオーストリアに来て初めてのスーパーで初めてのSIMを購入、さらにチャージもしないといけないのでハードルが高そうですが、何度もオーストリアに来て慣れてしまえばHoferのHOT SIMは激安なのでトライしてみたいですね。

関連ページ