【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)

JALの深夜2時前発のロンドン行きフライト、さらに帰国便は早朝6時前に羽田へ到着する、弾丸トラベルにマッチしたフライトの搭乗記です。1泊3日という弾丸旅程でロンドン2回目の滞在となりました。3連休があれば有給を使わずともロンドンが楽しめますよ。

今回はプレエコで12時間のフライトを楽しみました。

搭乗日2019年9月
フライト区間羽田~ロンドン往復
航空会社JAL
便名JL041、JL042
機材ボーイング787-8ドリームライナー
座席プレミアムエコノミー

JAL深夜発のロンドン行きは全員がJALラウンジに入れる

JALのロンジン深夜便は深夜2時近くに離陸し、ロンドンヒースローへ到着するのが早朝6時前後。機内食は軽食を含め2回ですが、機内に乗り込む深夜2時前は就寝時間にあたるため機内食はでません。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
そのため登場前に機内食の代わりとなる食事を提供するためJALのサクララウンジをエコノミークラスの人たちにも解放しています。

サクララウンジに入るとこのようにエコノミークラス利用者は上の階に誘導されているようでした。
【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
カレーの香りがいつも以上にしていたので、上の階でカレーが振る舞われたようです。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
私はプレエコなので普通にラウンジを利用でるため、下の階の食事を。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
サラダはいつものようにたっぷりと。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
蕎麦もあったのでこちらをいただいてビールを楽しみます。仕事のあとの金曜日に羽田に向かいロンドン週末旅行ができるのは素晴らしいですね。

JALの羽田サクララウンジについてはこちらの記事で詳しく書いていますのでぜひ御覧ください。

ロンドン行きJALプレエコの座席

今回は窓側席を指定しました。
【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
既に通路側の席に人がいたのでプレエコシート全景が撮れませんでしたが、足元はこのように広々していて座り心地は良いです。しかしJALは優先搭乗時にいち早く乗り込む人の率が高い気がします。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
画面も大きく映画も十分に楽しめるでしょう。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
ヘッドフォンはノイズキャンセリングです。エコノミーの普通のイヤホンや簡易的なヘッドフォンと比べると雲泥の差です。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
アメニティはふかふかのスリッパに歯ブラシ、耳栓、マスク、アイマスクが入った袋があります。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
肘掛けは太く、軽く肘を乗せる程度であれば隣の人は気になりません。ガッツリと肘を置いたら触れてしまうので気をつけましょう。

機内食

まずはシャンパンをお願いしました。
【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
プレエコはエコノミークラスでは飲めないシャンパンを選ぶことができます。
同時におつまみとなるスナックを渡されて、これで深夜の軽食は終了です。驚きですよね。サクララウンジを解放しているのはこのためなんです。

フライトは12時間。次のメインとなる食事まで時間があるので、トイレに行ったついでにギャレーでお菓子とオレンジジュースを取ってきました。
【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
映画を見るときにスナックとジュースは必須ですよね。

真夜中ですが映画を1本見ながらウトウトと眠ります。数時間後、ようやくメインの機内食の時間になりました。

まずはドリンクとおつまみ。
【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
今回は炭酸水をお願いしました。ペリエが来ました。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
続いて機内食です。JALは有名シェフとのコラボ機内食で毎回楽しめるんですよね。
今回は若鶏とキノコのフリカッセです。フリカッセってなんだ??という感じですが、シチューのようなものがご飯にかかっている感じ。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
見た目はやや暗い感じですが、濃厚なソースとキノコの風味が美味しくてご飯が進みます。これはおかわりしたいレベル。

サラダなどが充実しているのも嬉しいですね。日本の機内食はかなりしっかりとしていてエコノミークラスでも十分楽しめるレベルだと思います。

デザートはハーゲンダッツが配られました。
【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
JAL限定のカスタードプディング味です。これが濃厚なシロップがアクセントになってとても美味しかったです。おかわりできるならしたかった・・・。

【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
最後にブラウニーかな?チョコのスイーツが配られました。早朝6時にロンドンに着くので、ブラックコーヒーとともにいただきました。深夜発で早朝に現地に着く場合はあまりアルコールをとらずにコーヒーで〆るのがベストですね。

帰国便もプレエコでゆったりフライト

帰国便もプレエコです。行きはアメニティを広げていなかったのでここでご覧ください。こんな感じでプレエコ以上になると歯ブラシがついてくるのがとても嬉しいです。
【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
機内が異様に乾燥していたので、マスクに保湿シートを入れて使うこのキットを初めて使いました。保湿されていたかどうかは不明。マスクをしてアイマスクをして少し眠りました。

ロンドン滞在は弾丸1泊、夜中3時まで出掛けたりしていてほとんど寝ていなかったので疲れていました。

帰国便の機内食は2回

帰国便は朝9時過ぎのフライトで、12時間ちょっとのフライト。羽田には朝7時前に到着するので、まず最初に昼食が最初に出て、到着前に夕食兼日本時間の朝食の2回機内食が出る感じですね。

最初に出てきたのは肉野菜炒め。日本行きのフライトでは有名シェフによる料理ではありません。
【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
おかずの品数が多くて充実しています。サラダはもちろん、うどんがあるのがとても嬉しいです。日系航空会社のエコノミークラス機内食は定番となっていて、毎回美味しくいただいています。

食後はゆったりと数時間眠り、WOWOWのテレビドラマを見ながら過ごします。最近WOWOWのドラマはなかなか良い作品が多いんですよね。契約していないので専らJALやANAの機内で見ています。

羽田に着く前に朝食が出ます。鶏そぼろと玉子丼です。
【搭乗記】羽田 - ロンドン|JAL|プレエコ(2019年9月)
ボリュームは1回目の食事よりも控えめですが帰宅前に空腹を満たすには丁度よい量だと思います。味も美味しくて全部食べてしまいました。

東京とロンドンは12時間以上のロングフライトですが、プレエコのゆったりしたシートで疲れもそれほど感じることなく楽しめました。

ロンドンに早朝着いた当日はすぐに観光に出掛けられました。エコノミーだったらどうだったのかは気になるので、次回エコノミークラスでもロンドンへ行ってみたいと思います。

関連ページ