ホーム >  アメックス利用ノウハウ > アメックスプラチナカードは旅行系カード最強!私も使っています

アメックスプラチナカードは旅行系カード最強!私も使っています

一般人が持てるレベルでは最高峰のクレジットカード、アメックスプラチナカード。昔持っていて一度は解約しましたが、海外旅行に多く行くようになってアメプラの魅力に気づき改めて再発行してもらうことにしました。

アメックスプラチナカードが海外旅行に最も強いと思われる部分を詳しく解説します。また、普通はゴールドカードを一定期間利用していないと招待状が送られてこないアメプラですが、私が直接アメックスに紹介することも可能ですので、魅力を感じたらぜひ申し込んでみてくださいね。

アメックスプラチナカードの概要

年会費

年会費13万円(税別)です。実際アメックスプラチナカードを持っている私でも、『13万円』と改めて書いてみるとびっくりする金額なのですが、それ以上に海外旅行で大活躍してくれ、人生が豊かになることを実感しています。アメプラから得られるベネフィットはこのあと詳しくご説明しますね。

しかしこの13万円という金額、実は月1万円ちょっとです。スマホ代を格安スマホに変えたり、ビールを第三のビールに変えたり、タバコをやめればすぐに浮く金額ですよね。海外旅行をあまりお金をかけずにリッチにする楽しみを覚えると無駄遣いをなくしてでもアメックスプラチナカードは欲しくなってくるんですよね。

入会方法

アメックスプラチナカードは一般公募していないため、自分から入会したくても入会させてくれません。まずはアメックスゴールドを取得し、それを1年ほど使えばアメックスプラチナの入会のお誘いが郵送で送られてきます。私の実績は年間300万円ほど利用して届きましたが、実際は100万円も使っていなかったのにお誘いのインビテーションが届いた人もいます。

アメックスプラチナ・プラチナカードを持つべき人の特徴

では本題です。アメックス・プラチナカードを持つべき人の特徴を挙げていきます。これらに当てはまる数が多ければ、ぜひアメプラをゲットしてほしい人であり、年会費13万円の元を完全に取れる人でもあります。使い方次第で年会費分の13万円は簡単に取り返せるんですよ。

  1. 年に数回海外旅行へ行く
  2. 家族も海外旅行に行くことがある
  3. 国内外で外資系ホテルに泊まることがある
  4. 記念日に夫婦・カップルで少し贅沢な食事をすることがある

特に旅行系で最も強い特典がつくのがアメプラの特徴なので、海外旅行にご自身も家族も行くことが多い方は絶対にアメプラをゲットすべきです。

元々私もアメプラを持っていましたがどんなものか確かめるためだけにゲット。しかし海外旅行には年1~2回しか行かなかったため解約してしまいました。今では年に10回以上海外旅行に行くため、アメプラをフル活用し、豪華なラウンジを利用したりスーツケースを無料で配送したり、旅行の快適度合いが格段に上がってます。

それではアメプラでどれだけ海外旅行が便利に豪華に、そして身近になるのかを詳しくご紹介しますね。

アメックスプラチナカードのベネフィット

アメックスのセンチュリオンラウンジが使える

私がアメプラを持っていて最も楽しめているのが海外の空港にあるアメックス専用のセンチュリオンラウンジの利用資格です。センチュリオンラウンジはプラチナカードとさらに上のセンチュリオンカードを持っている人とその同伴者しか入ることができない、かなり入室レベルの高いラウンジです。

航空会社の上級資格は多くの人が持っていてラウンジも混雑しますが、センチュリオンラウンジはそれなりの人が入ってくるのでやや落ち着いた印象であり、普通なかなか利用する人もいないので特別感を味わうことができます。しかも利用航空会社の縛りはなく、アメプラを提示すれば入室できます。

センチュリオンラウンジは食事やお酒、デザートなどがすべて無料。ゆったりとした落ち着いた空間でフライトまでの時間を楽しむことができます。

1枚で2人入れるプライオリティパスがもらえる

世界中の空港(500箇所以上)にあるプライオリティパス(年間約4万円)という会員制パスを持っていると入れるラウンジの資格も無料でゲットできます。しかもアメックスのすごいところは、本来1枚で1人しか入れないところ、同伴者1名を含む2名が入れる特別なプライオリティパスなんです。

さらに家族カードに対しても無料でプライオリティパスを発行できますから、夫婦で1枚ずつアメプラを持つとすると合計4人がプライオリティパスを使ってラウンジに入ることができるため、子供2人がいる4人家族や両親を連れての海外旅行にも威力を発揮します。これはアメックスならではの特徴なのです。

LCCを使った格安旅行だったとしてもプライオリティパスさえあれば、世界中のほとんどの空港でラウンジに入ることができ、無料で食事をしたりお酒を飲んで過ごすことができます。

さらに最近はラウンジだけでなく空港の指定のレストランで数千円分までは無料で食事ができる指定店舗を増やしていますので、ラウンジではなくレストランで無料の飲食をしながら時間を過ごすこともできますよ。

外資系ホテルの上級会員資格が複数ついてくる

アメプラには外資系のホテルの上級会員資格がついてきます。上級会員になると主にアーリーチェックイン・レイトチェックアウトができたり、空きがあれば予約した部屋からアップグレードしてくれたり、朝食が無料でついてくるなどの様々な特典があります。アメプラを取得すると得られる上級会員資格のあるホテルは下記の4種類です。

  1. SPGマリオット・・・ゴールドエリート会員
  2. ヒルトン・・・ゴールド会員
  3. シャングリラ・・・ジェイド会員
  4. カールソン・・・ゴールド会員

通常は同じホテルグループに年間10~20回宿泊(連泊は1回とみなされる)しなければ取得できないホテル上級会員資格です。それを4つ同時に取れてしまうのです。特にSPGマリオットは世界6500軒のホテルを有する世界最大のホテルチェーンでシェラトンやリッツカールトンも傘下に入っています。

私はホテル上級会員資格のおかげで、スタンダードルームの予約からエグゼクティブスイートに無料でアップグレードしてもらったりと、海外旅行のホテル滞在がとても楽しくなりました。上級会員になるための本来の宿泊費を考えても年会費13万円を軽く超えている上に、無料で部屋のアップグレードをしてもらうだけでも1泊最大で5万円以上の優遇が受けられていると思います。

実際SPGマリオット系列だけで全世界どこに行っても上級会員待遇が受けられますがさらにヒルトンまでついてしまったためアメックスプラチナカードのホテル系ベネフィットが最強レベルになってしまったと話題になりました。当然シャングリラやカールソンも高級ホテルグループだけに宿泊する機会があれば上級会員待遇を受けられますよ。

スーツケースを2個、自宅-空港間を無料配送できる

アメックス・グリーン、ゴールドは自宅と空港間を往復1個を無料配送できます。アメプラは何と2個無料で往復配送できるんです。しかも家族カードを発行しておけば、夫婦で4個無料で配送可能です。

私は都内に住んでいますが、スーツケース1個あたり2500円(ヤマト空港宅急便、佐川空港受取サービス)だとすると、自宅から空港へ5,000円お得になり帰国時も送り返せるので合計で10,000円お得になります。年間5回海外旅行に行くと、50,000円のお得に・・・。実際私は10回前後行くのでこれは助かっています。2人で利用すればこの倍お得になるわけで、手ぶらで海外旅行という感覚で海外旅行へのハードルが一気に下がりますよ。

ちなみにSPGアメックスやデルタアメックスなど提携アメックスカードだと帰国時のみ1個だけ無料配送となりかなり利便性が下がります。手ぶらで海外という感覚とは違いますよね。

自宅と空港間を専用車で送迎してくれる

アメックスのトラベルデスクに電話して航空券や旅行関連の予約と決済をすると、自宅と空港間を専用車で送迎してくれるサービスを割引または無料で受けられます。無料になるのは旅行代金が100万円以上になったときだけなので、基本は有料だと考えてください。

23区のエリアによりますが、羽田空港までは1,500~5,000円で行ける人が多いはずです。例えば3,000円だったとすると、私の場合はふたりで最寄りのリムジンバスまで400円、リムジンバスで2,000円と考えると2,400円が空港までの交通費でかかりますが、アメックスの配車サービスを利用すれば3,000円で空港直結です。安いですよね。

帰国のときはリムジンバスのバス停からタクシーで帰ることもあるので、軽く3,000円を超えますので、アメックスのトラベルデスクで旅行関連を予約した際、二人以上で海外に行くときは積極的に利用しています。家族旅行なら確実にもとが取れる計算ですよ。

ポイントをマイルに交換できる

ANAマイルに交換

アメックスプラチナは通常のアメックスだと有料のポイントプログラムに参加しないとANAにポイント移行できませんが、それが無料でできます。年間400万円決済してつく4万ポイントまでANAマイルに数日で移行してもらうことが可能です。

私はANAをメインに使っているので4万マイルまではANAに交換しています。

4万ポイント以上はエミレーツなどにマイル交換

ANAへは年間4万ポイント以上移行できないので、余ったポイントはエミレーツなどに移行して、海外の航空会社のフライトを楽しむために使っています。しかしここに少し残念な部分があります。

それはANA以外の航空会社への移行は1ポイント0.8マイルに落ちてしまいます。ここがネックになっていていますが、年間400万円以上決済することもなかなかないと思いますし、おまけ程度に考えればよいでしょう。

また、余ったポイントは期限がないため翌年に持ち越してANAマイルに交換するのも良いと思います。私はたくさん決済した年はこのように普段乗らない航空会社のマイルに交換して楽しんでいます。

交換先の航空会社は、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージン アトランティック航空、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、スカンジナビア航空、アリタリア-イタリア航空、フィンランド航空、エティハド航空、エミレーツ航空、カタール航空、エールフランス/KLM航空があります。

海外旅行の保険関連が充実

死亡保障や怪我、病気の際の治療費

アメックスゴールドもそうですが、海外旅行先で死亡したり後遺障害認定されると最高で1億円まで保障されます。海外旅行保険を毎回入っていくとそれだけで大きな出費となるため、アメプラで旅行費用を決済して利用付帯する1億円までカバーできる保険を適用して行っています。

怪我をしたり病気になったときの治療費用は1,000万円まで保障されます。他のカードの場合300万円とか500万円までが多いので、これはかなり大きいと思います。アメプラやダイナース、VISAプラチナなどのような高額年会費を支払うカードはこの手の保険が充実しているのが大きな特徴です。

例えば盲腸の手術と入院で約350万円、骨折の手術と入院で約150万円だそうです。入院費用は1日20万~数十万円かかることが多いとのこと。

私はアメプラの利用付帯による海外旅行保険とともに、年会費無料のクレジットカードについてくる自動付帯海外旅行保険のついているエポスカードを携帯しています。持っているだけで疾病270万円・傷害200万円(事故死亡・後遺症500万円)がついてきます。もしアメプラの保障額を万が一でも超えた場合はエポスカードのこの範囲までの金額も利用できます。海外旅行によく行くなら絶対に必携のカードです。メインカードとともに携帯しておいてくださいね。

WiFiルーターの故障などの保障もつく

もっと身近な問題だと、日本からレンタルするWiFiルーター。これは保険金を上乗せして借りることができますが私は一度も保険金をつけたことがありません。というのも、アメプラでレンタル費用を支払っておけば、故障したり紛失してもそこにかかる費用をアメックスの賠償責任保険が5,000万円まで効くため問題ないのです。

毎回WiFiレンタルで保険金を上乗せして払っていた合計金額を考えるとバカにならないですよね。

アメックスプラチナカードのよくある嘘の噂

アメックスプラチナを見せるだけでホテルの部屋をアップグレードされる?

プラチナカードやブラックカードをホテルの支払いやデポジットの支払いで見せると部屋を無料でアップグレードしてくれる、と想像している人がいますがそれはありません。アメプラの特典の一つであるホテル上級会員資格がありますよね。年間に何十回と大金を払って宿泊する人たちのことです。彼らの場合は上級会員特典としてようやくアップグレードされる可能性を手にするわけで、クレジットカードを見せるだけでそこまでの優遇をホテル側はしてくれません。

アメックスプラチナを持っていれば飛行機の座席がビジネスクラスにアップグレードされる?

これもホテルと同様にあり得ません。インボラアップグレードでたまたまビジネスにしてくれることもありますが、それはエコノミーがオーバーブッキングしていたからで、アメプラを持っているからではありません。また、インボラも航空会社の上級会員から優先的にあてがわれるので、アメプラだけを持っていても優遇はないのです。

関連ページ