アメプラ解約を思いとどまった特典のベネフィットを挙げてみる

アメックスプラチナカードの年会費更新の月になり、14万円ほどが引き落とし予定とアメックス会員ページ内に出てきて解約を考え始めました。

確かに年間14万円を払い続けるよりSPGアメックスやANAアメックスゴールドの4万円以下のカードのほうが負担がないのですが、色々とアメックスプラチナのベネフィットと年会費4万円前後のカードベネフィットを比較していたら、アメックスプラチナを解約するのをやめて継続することに。

14万円支払ってもアメックスプラチナを継続する、私の個人的理由をピックアップしたのでシェアしたいと思います。これからアメックスプラチナに入会を考えている方もぜひ参考にしてみてください。

海外旅行の保険金額がアメプラ1枚で事足りてしまう

一番大きいのは海外旅行時の何かあったときに支払われる補償金額です。特に傷害保険が1000万円まで対応してくれるのはアメプラの強みでしょう。SPGアメックスやANAアメックスゴールドはたった300万円ですから大怪我や大病の際はこれを超える可能性がとても高いんです。

カード種別 アメックスプラチナ SPGアメックス ANAアメックス金
傷害死亡 後遺障害保険金 1億円 1億円 1億円
傷害治療費用保険金 1,000万円 300万円 300万円
疾病治療費用保険金 1,000万円 300万円 300万円
賠償責任保険金 5,000万円 4,000万円 4,000万円
携行品損害保険金 100万円 50万円 50万円
救援者費用保険金 1,000万円 400万円 400万円

いずれも利用付帯の最高金額です。障害と疾病で300万はちょっと少ない気がします。他のクレジットカードと掛け合わせれば良いですが、面倒ですし掛け合わせるならアメックスプラチナの1000万円にさらに上乗せしたほうが確実です。

⇒アメックスプラチナの海外旅行保険についてはこちらで詳しく解説しています。

スーツケースの無料配送が便利すぎる

私は毎回2つスーツケースを持っていきます。時間帯によりますが、電車がラッシュの時間帯に空港へ行かないと行けない場合、成田でも羽田でも大型のスーツケース2個を持って入ることは難しい場合が多々あります。

そんなときに事前に自宅から空港へスーツケースを無料で配送してくれるアメプラのサービスはとても使えます。

帰国時も同様で、早朝着の場合通勤ラッシュに捕まってしまうことも多いので、空港から自宅まで配送してもらいます。早朝だとその日のうちに自宅に届けてくれるのでとても便利です。

SPGアメックスやANAアメックスゴールドの場合は1枚のカードにつき、帰国時に1個のスーツケースだけしか対応していないので、出発の際は利用できない上に2個スーツケースを持っていく私には足りません。また、これらのカードは羽田空港には対応していません。もちろんアメプラは羽田空港に対応していますよ。

⇒アメプラのスーツケース無料配達についてはこちら

センチュリオンラウンジめぐりの楽しみ

世界の主要空港にはアメックス・プラチナ所有者が入れる「センチュリオンラウンジ」があります。これはアメプラを持っていないと入れない、体験できないことなので、アメックスプラチナを保有するひとつの理由に私の場合はなり得ました。

世界中のセンチュリオンラウンジを巡ってみたいなと考えていたので、アメプラを解約してしまってはこの楽しみは体験できなくなってしまうんですよね。

⇒アメックスのセンチュリオンラウンジについてはこちら

家族カードを無料発行しプライオリティパスを全員分発行

アメックスブランドのプライオリティパスは空港内レストランが使えなくなってしまい魅力が半減したものの、空港ラウンジは当然普通に利用できます。

しかもアメックスプラチナは家族カードを最大4枚無料発行可能であり、プライオリティパスも家族カードの発行枚数と同数発行できます。家族にプライオリティパスを無料で4枚も持たせられるのは強みではないかと思います。

⇒アメプラのプライオリティパスについてはこちら

決済によるポイント3倍の優遇

アマゾンやヤフオクなどのネット系支払いでポイントが3倍貯まります。

さらに外貨決済でもポイントが3倍貯まるので、海外現地や海外のサイトでの決済額が大きい方は断然アメプラがお得になる可能性が高まります。

⇒ポイント3倍は登録が必要。詳しくはこちらで書いています

関連ページ