ホーム >  コラム > 飛行機が墜落する確率は低い?高い?

飛行機が墜落する確率は低い?高い?

飛行機が墜落する確率は低い?高い?
私は出張族ではありませんが、毎年海外旅行で出張族に近いくらい飛行機に乗っています。基本的には日本のANAかJALですが短距離の韓国とそこからのクアラルンプールへLCCを使ってみようかと思ったときに、飛行機の墜落事故発生の確率を調べみました。

誰もが知っているように、飛行機が墜落し死亡する確率は地上で生活しているよりも遥かに低いということですよね。車の事故などは確率がかなり高いと聞きます。では実際に飛行機のの墜落の確率はどれくらいなのかをまとめてみました。

飛行機の死亡事故の確率

死亡事故の確率

飛行機に乗っていて死亡事故に遭う確率をアメリカの国家運輸安全委員会が発表しています。ただし、ここで注意したいのは、『死亡事故』の確率です。実際飛行機が墜落しても死亡しない事例がかなりたくさんあるので、墜落事故の発生確率ではありません。

アメリカの国家運輸安全委員会によると、飛行機による死亡事故確率は0.0009%ということです。これは全世界の飛行機を対象とした確率です。アメリカ国内だけで計算するとさらに低くなり0.000034%となります。もうゼロが何個ついているかわからないレベルですよね。

こうして考えると、飛行機事故で死亡する確率はほぼゼロに近いということなんです。

8200年に一度の死亡事故確率

アメリカの国家運輸安全委員会によると、航空機の墜落死亡事故の確率は、毎日飛行機に乗る生活を8200年間続けて一度発生するレベルとのことです。

もしこれで飛行機が墜落するような場面に遭遇するとしたら、普通ではな考えられない確率なんですよね。

墜落するときは着陸時がほとんど

もし墜落するとしたら、映画のように落ちる恐怖を味わうのか・・・というと実際墜落するのは着陸時が最も高く、着陸時に事故発生の41%が集中しています。そして死亡事故が発生した事例の33%が着陸時。

車の事故死の確率

ちなみにアメリカの自動車事故で死亡する確率は0.03%です。自動車大国でこの死亡率個人的には意外と低い数字だなという印象でしたが、飛行機の墜落死亡事故確率はこの0.03%の33倍も低いんです。

ただしアメリカの同時多発テロの際、アメリカ国内線で飛行機を利用していた人たちが車移動を選択したことによって前年比1000人も自動車事故による死者が増えたそうです。

LCCだから墜落事故の確率が上がる?

LCC、ローコストキャリアの安い航空会社だと安全性に問題がありそうだから墜落確率が高そう、と思うのは仕方ないでしょう。しかしLCCが安いのは受託手荷物有料、機内食有料、ブランケット有料、飲物有料、などなど、とにかくコストを徹底削減しているからです。

座席がボロボロだったり、シートピッチが狭くてかなり窮屈というのも人を詰め込んでいてコスパを高めているからなんですよね。ちょっと貧乏すぎる雰囲気がすごすぎて価格相応だなと思いましたし。安全面に問題があれば業務停止になるでしょう。

先ほど書きましたが、LCCも含めて全世界の航空機墜落死亡実の確率は0.0009%なんです。

もし墜落しても生き延びるための座席位置

まず墜落事故発生自体ありえない確率ではありますが・・・もし墜落したときに生存率を上げるための座席選びを書いておきますね。これは墜落事故と墜落実験の統計上、死亡確率が最も低い座席を調べた結果です。

後部座席が最も生存率が高い

飛行機が墜落する確率は低い?高い?
Popular Mechanicsによるとこのように前方のビジネスクラスとファーストクラスの生存率が49%、機体の真ん中のエコノミークラスが56%、エコノミークラスの後部座席が68%という生存率になるそうです。

ディスカバリーチャンネルの番組企画で、実際に飛行機をリモート操作で着陸失敗をさせてみると、見事に機体前方は12Gの衝撃を受けて首がへし折れるようにして機体から折れて粉々に。そして後部座席は折れることなくそのままです。

生存確率で考えると、機体の中部は前方が真っ二つに折れてしまい、外からの衝撃を食らうので、できるだけ後ろの座席に座ることが墜落後も生存確率を高める座席選びのポイントになりそうです。

関連ページ