ホーム >  コラム > 【出国税】日本人も海外旅行の際に必ず1000円取られる

【出国税】日本人も海外旅行の際に必ず1000円取られる

日本の出国税はいつから?徴収方法の解説まで
出国税の話題が上がってからつい忘れてしまうのですがしっかりと国会で決まったことなので日本人でも日本から出るときにしっかりと1,000円が徴収されます。私のように毎年10回前後海外旅行に行くような人たちにとっては意外と大きな出費増になるんですよね。

いつから出国税を取られるの?

日本の出国税は2019年1月7日から取られます。

出国税の徴収方法

出国税は日本を出るときに1,000円が徴収されますが、これは航空券を購入するときに自動的に上乗せさせられます。ちなみに飛行機だけでなく船も同様。チケット代に出国税が加算されて支払います。

特に航空券はその本体代に加えて、燃油サーチャージや空港使用料、空港サービス料などが実は加算されて航空券代として支払っています。ここに出国税1,000円が上乗せされて、航空券購入時に知らず知らずのうちに支払う形になります。

出国税が免除されるケース

  • 2歳未満の子供
  • 24時間以内に乗り継ぐ場合
  • 日本に派遣された外交官
  • 船舶や航空機の乗員
  • 政府専用機利用者

これらのケースの場合は出国税が免除されます。小さい子供連れの家族で海外旅行に行く場合は助かりますね。

また乗り継ぎの際に24時間以内に日本を出る航空券には出国税がつかないようになっていて免除されます。

2019年1月7日よりも前に購入した航空券

出国税は2019年1月7日以降に日本を出国する場合に徴収されますが、実は2019年1月6日以前に航空券を購入しておけば出国税は徴収されません。

というわけで私は2018年の間に2019年の航空券をたくさん購入ようと思いましたが、このとき燃油サーチャージが高止まり状態。欧米とオセアニアなどは往復で28,000円も燃油サーチャージだけでかかるため、この値下げのタイミングがくるまでなかなか大量に航空券の手配ができない状況でした。

他国の出国税はいくらくらい?

日本の出国税は1,000円で、現在は410億円ほどの増収を見込んでいますが、他国はどうでしょうか。

出国税を徴収する外国
オーストラリアは出国税5,000円も取っていて、年間800億円も税収があります。私は年間3~4回オーストラリアに行くことがあるのでそれだけで数万円納税していることに・・・。韓国も1,000円ほど、アメリカは1,500円ほどの出国税を徴収しています。

こう考えると日本の出国税は決して高く設定しているわけではないことがわかりますね。

日本の出国税の問題点

日本の出国税は年間で410億円以上の税収があるとされていて、この使いみちには観光関連の整備に使い、さらなら外国人観光客誘致のための投資のように使われると言われていますが、実際は観光目的であれば観光庁以外の省庁でも使えることを想定しているため、使用目的が曖昧になる可能性が高いと野党が反発しています。

実際に税金の使いみちは抜け穴だらけで適当に使われているのが現状ですから、出国税もその一部となるのは当然でしょう。また、日本人にとっては出国税は基本的に関係ない場合が多いため、気分的に何なんだろう・・・と腑に落ちない人も多いかと思います。特に海外旅行に行く回数が多くなればなるほどその傾向は高まるでしょう。

関連ページ