ホーム >  航空会社関連のニュース > 2019年、安全な航空会社ランキング

2019年、安全な航空会社ランキング

2019年、安全な航空会社ランキング
航空会社格付けランキング会社、AirlineRatingsによると、2019年最も安全な航空会社がカンタス航空と発表されました。

ちなみに飲酒事件のあったJALは選外。格付けに選ばれることすらなかったということです。

2019年、最も安全な航空会社はカンタス航空

2019年、最も安全と格付けされたのはカンタス航空でした。98年間一度も死亡事故を起こしていないこと、フライトレコーダーや衛生システム利用、自動着陸等々、安全上の問題発生を未然に防ぐシステムも評価されているようです。

2019年安全な航空会社20社は以下の通り。

  • ニュージーランド航空
  • アラスカ航空
  • 全日本空輸(ANA)
  • アメリカン航空
  • オーストリア航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • キャセイパシフィック航空
  • エミレーツ航空
  • エバー航空
  • フィンエアー
  • ハワイアン航空
  • KLMオランダ航空
  • ルフトハンザ・ドイツ航空
  • カタール航空
  • スカンジナビア航空
  • シンガポール航空
  • スイス・インターナショナル・エアラインズ
  • ユナイテッド航空
  • ヴァージン・グループ(ヴァージン・アトランティック航空、ヴァージン・オーストラリア)

どれを見ても大手航空会社で、利用する機会がありそうなところばかりです。EU系は特に多いですね。ANAが入っているあたりは嬉しいです。ただANAの操縦士も飲酒でひっかかっているので、来年はどうなることやら・・・。

安全なLCC

ちなみにLCCについても安全な航空会社が10社選ばれています。

  • フライビー
  • フロンティア航空
  • 香港エクスプレス航空
  • ジェットブルー航空
  • ジェットスター航空
  • ジェットスター・アジア航空
  • トーマス・クック航空
  • ボラリス航空
  • ブエリング航空
  • ウエストジェット航空
  • ウィズ・エア

香港エクスプレスやジェットスターは日本でも利用されていますよね。アメリカではジェットブルーもよく利用されています。私はLCCを使わないので詳しく知りませんが、このような安全なLCCに選ばれた会社から選ぶのもよさそう。

関連ページ