2021年12月1日、オーストラリアへ隔離なし入国可能に

2021年12月1日、オーストラリア入国ができるようになる
2021年12月1日から、シドニーやメルボルンなどの一部地域に限り、日本人などの入国が可能になります。いくつかの条件があるものの、オーストラリアの鎖国が終わろうとしています。

一方で日本では14日間の自宅等待機があるため、オーストラリアに入国できても日本で待機期間があるため実質日本はまだ鎖国状態と言えます。

オーストラリアの入国条件

ワクチンを2回打っていること、入国の3日以内のPCR検査で陰性照明が出ていることなどが条件となりますが、オーストラリアの国際空港がある一部の地域で待機なしで入国ができるようになります。

地域によっては依然として新規感染者数が多い州もあるため、その地域からは入国も出国もできませんが、シドニーやメルボルンなどの大都市圏から入国・出国ができるのでほとんどの日本人がオーストラリアに入国できるようになります。

日本では依然として入国後の隔離が実施されている

多くの国々が隔離なしの入国に舵を切り始めたものの、日本では未だに入国後の隔離が実施されています。オーストラリアという世界でもトップクラスに入出国に厳しい国が開国しようとしているのに・・・。

日本に入国する場合は隔離期間が設けられているため、旅行で出国する日本人は少ないですし、日本に観光で来る外国人も少ないのが現状です。14日間の待機期間が撤廃されるようになるまでは、海外で開国していることも日本にとってはほとんど意味をなさないことになります。

関連ページ