ホーム >  マリオットホテル利用ノウハウ > 【ラウンジ】コートヤード・マリオット東京ステーションはレストランで朝食とダイニングが食べられる

【ラウンジ】コートヤード・マリオット東京ステーションはレストランで朝食とダイニングが食べられる

コートヤード・マリオット東京ステーションにはラウンジがありません。そのため1階にあるレストラン2つで食事ができるようになっています。


チェックインをするとマリオットゴールドかプラチナであればこのような朝食券をもらえますのでこれを提示すると無料で朝食が食べ放題になります。コートヤード・マリオット東京ステーションのホテル自体にはあまり質感が良い客室ではないなという印象がありましたが、レストランはさすがに外部のレストランですので食事内容がとても充実していました。

朝食(LAVAROCK)


コートヤード・マリオット東京ステーションの朝食は1階のレストラン、LAVAROCKで食べることができます。


中に入り、朝食チケットを渡します。店内は吹き抜けになっていてとても広々しています。外の建物の外観も相まって日本にいることを完全に忘れる雰囲気です。作りが日本仕様ではないですよね。


窓際のテーブル席につきました。右側にサラダやフルーツ、シリアル、ヨーグルト、飲み物などが並び、入り口付近のカウンターにはパン類がたくさん並んでいます。


さらに左側には和食のセットやアメリカンな卵料理オーダー、ベーコン、ソーセージなど温かい食事がここで提供されています。


サラダは種類豊富で、スモークサーモンやハム、チーズも合わせて食べることができます。


ヨーグルトには様々なフルーツをトッピングして食べることができ、これが本当に美味しかった。パッケージになった市販のフルーツヨーグルトも美味しいですが、生のフルーツをそのままヨーグルトに入れて食べるのはまた全然違いますよね。


カットフルーツも豊富だし、シリアルの種類がこんなにあるのも外国みたいですよね。シリアルにトッピングするナッツやドライフルーツ等も充実しています。


ジュースもこんなにたくさん。ミルクも3種類もあります。欧米人がほとんどで、この日の早朝は私以外すべて欧米人ということもあって、これくらい豊富な種類を取り揃えると好評だと思います。


パンはこんなにたくさん。スイーツつもしっかりしていて欧米人好みな感じですね。これだけあったらコーヒーと一緒にまったりと過ごしたくなります。


というわけで今回はこんな感じです。野菜多めにしてチーズ入りのオムレツも作ってもらいました。和食もありましたがそんなに食べられなかったので、軽くハッシュドポテトやきのこ類などを持ってきました。


デザートはカットフルーツを少々。


そしてヨーグルトにフルーツを入れて食べている人がいたので真似してみました。ブルーベリーが異様な美味しさ。濃厚でヨーグルトととても合いました。

これだけの内容で、お洒落な店内で、客は90%以上が欧米人ということで海外に来ているような感じも楽しめました。LAVAROCKは店員も外国人を雇っていて英語でも対応していました。海外の客が多いせいか、日本人スタッフの私語がきになる部分もありましたが、それを差し引いてもとても良い朝食を満喫できたと思います。

イブニングタイム(GG CO)

夜は17時30分~19時30分の2時間だけ、コートヤード・マリオット東京ステーション1階のLAVAROCKとGG COで無料の飲食ができます。2時間と短い時間ですが、ザ・プリンスさくらタワーのラウンジも同様の時間だったのでこればかりは仕方ないのかもしれません。平日だと下手したら19時30分前にチェックインできず、夕食を利用できないかもしれないので注意したほうがよさそうです。


というわけで今回はGG COに入ってみました。カードキーを提示すると意味を理解できているようで、席に案内され、無料のメニューを渡してくれました。
このメニューに書いてあるものを注文するだけならすべて無料で食べ放題です。ビールやワイン、スパークリングワインなども飲み放題。これは凄いですよ。


まずはシーザーサラダ。ここにエビなどのトッピングもすることができます。これはプレーンタイプだそうです。


ナッツ盛り合わせ。小皿に10数粒来るのかと思ったらお皿にこんなに入ってきました。想像以上の量で食べるのが大変でした・・・。


チーズ盛り合わせ。これは量もちょっと多い程度だったので良いですね。ワインを飲むときには絶対欠かせないおつまみだと思います。


ビールはカールスバーグをオーダー。疲れていたので染み渡ります。


続いてスパークリングワインをお願いしました。とりあえずビールとおつまみで満足したので、ここからはまったりとした時間を過ごします。


ラストオーダーということで、ポテトと手羽先を追加してもらい、パイントでカールスバーグをお願いしました。ちょっと食べ過ぎですね・・・。これがすべて無料ですから嬉しいです。外国人の方も多く、ワインを何度もおかわりをして会話を楽しんでいました。

料理の質は普通で、そこまで手のこんだものではないのですが、無料であれば十分楽しめるレベルです。また、普通にオーダーしていたらそれなりの価格設定であることは間違いないのでマリオットゴールド特典というのはとても利用価値の高いものだと再確認できました。国内外、料理やお酒、ラウンジ利用など使えば使うほど得をする上級会員資格、SPGアメックス入会で自動付帯ですからとることを強くお薦めします。

カクテルタイムはほぼ有料に

19時30分以降はLAVAROCKに移動してカクテルタイムになります。GG COは一応19時30分までとなっています。


しかしカクテルタイムはメニューから20%OFFで注文ができるというだけでナッツ類など記載があるもの以外は当然有料になりますので、もしイブニングタイムに間に合わなかったらLAVAROCKでカクテルタイムを楽しみ、早くホテルについてイブニングタイムを満喫できたらそのあとはライブラリーラウンジでお酒を楽しんで部屋に戻るのが良いと思います。

紹介経由SPGアメックスカード入会で36,000ポイントキャンペーン

SPGアメックス紹介キャンペーン SPGアメックス2018年12月最新の入会キャンペーン情報
マリオット、シェラトン、ウェスティンなどのホテルグループの上級会員資格が付与される旅行系最強のクレジットカード、SPGアメックス。

【SPGアメックス紹介専用入会ページはこちら】

関連ページ