GoToトラベルでマリオットホテルステータスを狙う

GoToトラベルと都内旅行5,000円割引でマリオットホテルステータスを狙う
新型コロナの影響で政府によるGoToトラベルキャンペーンの50%割引をフル活用してマリオット系列のホテルに宿泊し、マリオットプラチナステータスを来年以降も維持しましょう。

都民割のもっとTokyoは枠がまったくなくて使い物にならないので、5,000円割引は無視してGoToトラベルの50%オフを使い倒していきます。実際に宿泊したホテルも記録してシェアしていきますね。

GoToトラベルで35%割引と15%のクーポンで日用雑貨を買う

GoToトラベルと都内旅行5,000円割引でマリオットホテルステータスを狙う

ホテル宿泊費用35%割引

まずはマリオットホテルの公式サイトから宿泊予約します。ここの代金から35%割引がホテルチェックイン時に割り引かれて請求されます。予約時は事前支払いせず、ホテルでの支払いにします。

公式から後払い予約をしたら、https://staynavi.direct/からGoToトラベルの申請をします。すると予約代金の35%の割引額が算出されるので、これをプリントアウトしたものをホテルへ持っていくか、スマホの画面を見せると、予約代金の35%オフ価格で宿泊が可能になります。

宿泊費15%分の地域クーポン

宿泊費の15%分の地域クーポンがホテルからもらえます。マリオットの場合、ホテル内のレストランなどでも使えるところがありますが、私はコンビニやドラッグストアで日用雑貨を買うのに充てます。ちなみにこの地域クーポンの有効期限は宿泊日に限定されているので、チェックアウトしたらすぐ買い物に行って帰宅するのがベストです。

私はイオン系列のミニスーパー、「まいばすけっと」でGoToトラベルの地域クーポンが使えたので冷凍食品など保存の効くものを購入しています。

ベストレート保証後のGoToトラベル割引が可能かどうかは事前にホテルに確認を

GoToトラベルと都内旅行5,000円割引でマリオットホテルステータスを狙う
マリオット公式から予約し、他のネット予約サイトなどで公式サイトよりも安い価格を見つけたら、そこから25%割引される「ベストレート保証」ですが、これとGoToトラベルを併用できるかどうかの正しい情報はネットには出ていません。

基本的にはベストレートを申請して通ってしまったあとはGoToトラベルの適用ができないものと考えたほうが良さそうです。

東京都の都内旅行5,000円割引は無視

GoToトラベルと都内旅行5,000円割引でマリオットホテルステータスを狙う
10月24日からスタートする東京都独自の都内ホテル宿泊に1泊5,000円を補助する「もっとTokyo」キャンペーン。

実はこれキャンペーン対象プランをホテル側が容易して初めて利用できるんです。しかもプランは高額であり数量限定なので使い物になりません。ほとんどの人が都民割を受けられない状態なので、これは無視しましょう。私は都民割が始まった初日にモクシー錦糸町に宿泊しましたが、都民の証明書を出せばその場で5,000円引きになるものとばかり思っていたのでけっこうガッカリしました・・・。

今回はGoToトラベルだけを念頭に置いてマリオット系列ホテルに泊まっていきましょう。

1泊2500ポイント付与キャンペーンが11月10日まで開催

GoToトラベルと都内旅行5,000円割引でマリオットホテルステータスを狙う
11月10日まで1泊ごとに2,500ポイントが無限に付与されるキャンペーンが開催されています。

また3回宿泊すると5,000ボーナスポイントが1回だけ付与されるという嬉しい棚ぼたポイント付与もあります。4回目以降はずっと2,500ポイントがもらえます。

ポイントをたくさん貯められれば、2021年以降にポイント宿泊をしてプラチナ維持に必要な宿泊数を稼ぐことができます。とてもお得なので11月10日まで毎日のようにマリオットに泊まっている人もいそうですね。

GoToトラベルの割引で宿泊したホテル

GoToトラベルと都内旅行5,000円割引でマリオットホテルステータスを狙う
実際にGoToトラベルを活用して泊まったホテルを抜粋してシェアしていきますね。

10月・・・モクシー錦糸町(14,702円⇒9,557円、2,000円クーポンゲット)
11月・・・シェラトン都ホテル(18,392円⇒11,955、3,000円クーポンゲット)

関連ページ