投稿日:2018年5月 2日|最終更新日:2018年5月 2日

【レドンドビーチ】ローカル感満載のゆったりしたピアが特徴

レドンドビーチはビーチシティの中でも下に位置する、観光客の少ないローカル系ビーチです。ビーチで遊ぶというよりもピアで海を眺めたりレストランで食事したり、散歩することが多いのんびりとしたビーチで夕日がとてもキレイなビーチですよ。

レドンドビーチピア

レドンドビーチ
バスでレドンドビーチ前に着くとこのような景色が広がっています。正面がレドンドビーチピア。レストランやお土産屋などが集まっています。左側がビーチ。ビーチはサンタモニカなどと比べると人が多いわけではなく、景色の一部として存在しているような感じ。

お薦めは午後3時すぎ頃でしょうか。日が傾いてくる頃が一番レドンドビーチが美しく感じられると思います。

レドンドビーチ
レドンドビーチピアの入り口。建物はほぼすべてが2階建てになっています。奥に入ってましょう。

レドンドビーチ
雰囲気がガラッと変わり、非日常のような空間になっています。建物が2階建て、さらに周囲には何もなく建物に囲まれているので不思議な感覚に陥りますよね。ロサンゼルスではなく別の街に来たように感じます。

レドンドビーチ
さらに進むとヨーロッパ調の建物も。街が形成されているようで面白いです。ここでまったりするだけでもレドンドビーチが好きになっていきます。

レドンドビーチピアの桟橋

レドンドビーチ
日が落ちてきました。これくらいの夕方がとても美しいのがレドンドビーチピアです。海の上までせり出した桟橋は、まっすぐ一方に伸びているだけではなく、海と平行に歩くこともできます。

レドンドビーチ
このように桟橋をぐるっと周ってビーチまで戻ることも可能。通路としてもそうですが、桟橋で海をずっと眺めるのにも、横に広いので周囲が気になりません。

レドンドビーチ
かもめもこんな近くまで来ます。

レドンドビーチ
そしてレドンドビーチが地元感が強いのはこんなところにも。桟橋は釣り人でいっぱい。観光客で釣りをのんびりと釣りをする人はほとんどいないと思いますので、ほぼ地元民です。こんな感じなので飾り気のない、ロサンゼルス近郊のビーチを感じることができます。

レドンドビーチ
ビーチを南に見るとこのような絶景が。アメリカの大陸を感じるような景色。このあと少しずつ日が暮れていきます。

レドンドビーチ
夜になるとこのようにライトアップされる砂浜が続きます。真っ暗なビーチにならないところが良いですね。ちなみにレドンドビーチ周辺の治安はとても良く、歩いていてもまったく問題ありませんが、住宅が少しある程度で夜は人は少なくなるのでバスやタクシー、Uberなどに乗れるなら乗ったほうが安心かもしれません。

地図

※閉業が終了したり別店舗になっていたり、場所自体がなくなっている場合もあります。

関連ページ