ホーム >  ロサンゼルス >  観光地 > サードストリートプロムナードとファーマーズマーケット

サードストリートプロムナードとファーマーズマーケット

サンタモニカの観光スポットのひとつ、サードストリートプロムナードは、歩行者天国となっているショッピングストリートです。賑やかでのんびりした広い3rdストリートの両脇には有名ショップなどが立ち並び、観光スポットとして必ず訪れたい場所です。


カリフォルニアらしさを残した歩行者専用のストリートがサードストリートプロムナードです。このように緑もあり、サンタモニカにいることを実感できます。両脇にはショップがズラッと並んでいます。


路上ではストリートミュージシャンやダンサー、マジシャンたちがいるのでかなり賑やかです。特に私はストリートミュージシャンがBGMになって観光が楽しくなるので好きなんですよね。

夕方になるとダンサーたちが現れてかなり人だかりができます。パフォーマンスもかなり慣れていて面白いので午前中にサードストリートプロムナードをぶらつき、午後までサンタモニカピアからベニスビーチを観光し、夕方日暮れとともにサードストリートプロムナードに戻ってくると違う表情が楽しめると思います。


カフェやレストランはオープンになっているところが多く、見ているだけでも楽しめます。のんびりした雰囲気と暖かい日差しが良いですよね。

週末のファーマーズマーケット


水曜と土曜になると、サードストリートプロムナードからアリゾナストリートにぶつかるところで朝市、ファーマーズマーケットが開催されています。周辺の人達が買い物に来たり、レストランのシェフが買いに来たりします。海外旅行でサンタモニカに来る人は週末が多いと思いますので、土曜の朝は早めにサンタモニカに来て、ファーマーズマーケットをブラブラと歩いてみるのをお薦めします。


このように新鮮なフルーツ、野菜などが売られています。


1つの農家で同じような種類のものが販売されることが多いようです。


このようにベリー系で統一されたお店も。クランベリー、ブルーベリー、ブラックベリーなど日本ではこんなたくさんの種類のベリーを一度に見ることはないですよね。

昼前になるとたくさんある売店が一気になくなって朝市が行われていたかどうかわからないほど。気温がまだそこまで上がっていない時間帯なので過ごしやすいですしぜひファーマーズマーケットは体験しておきたいですね。

インド系のフェスティバルに遭遇

2014年8月に訪れた際に、サードストリートプロムナードの最終地点であるウィルシェアブールバードあたりでインド系のフェスティバルが行われていました。

飲食にメイクアップブースやステージなどがあって、インドコミュニティーの小さなお祭りといった感じでした。規模はそんなに大きくはなかったですね。


テントがズラッと並んでいて、色々な食べ物が販売されていました。


どこもだいたい同じような感じでしたが、気軽に食べられるのは良かったです。観光で訪れたときにタイミングよくローカルイベントに出くわすととても楽しく現地感を味わえますよね。特に週末はイベント開催の可能性が高いのでサードストリートプロムナードは週末に行くことをお薦めします。

関連ページ