ホーム >  シドニー > 【5~6月】ビビッド・シドニーに行ってきたよ!

【5~6月】ビビッド・シドニーに行ってきたよ!

日没が早くなるシドニーの冬、5月末から6月にかけて毎日開催される光の祭典、ビビッド・シドニーに行ってきました!夜が長くなる南半球の冬がLEDのイルミネーションで明るく輝き、多くの人立ちがシドニーの街を歩き回ります。普通のシドニーの街並みが一気に変貌しますよ!

ビビッド・シドニーとは?

ビビッド・シドニーとは、2009年に始まった夜の街をイルミネーションで明るくするイベントです。

ただイルミネーションをつけただけのイベントではなく、世界各国のアーティストたちが集まりプロジェクションマッピングを駆使して街なかに光の動くアートを演出。それはまるで無料で楽しめる遊園地のようでした。

オペラハウスの屋根がキャンバスになって動きのある映像が映し出されたり、規模がシドニーシティ全体をあげて行われているので集客数も凄いんです。最近では毎年200万人以上が集まる大イベントとして世界でから観光客が集まっているようです。

今回私たちはたまたま行ったシドニー旅行がビビッド・シドニーの日程と被っていたのでラッキーでした!

オペラハウスのプロジェクションマッピングがヤバイ

ビビッド・シドニー
ビビッド・シドニーの中心と言えばオペラハウスです、これ凄いでしょ!?プロジェクションマッピングで常に動いているんですよ。

ビビッド・シドニー
オペラハウスのライトアップは夕方6時から深夜1時近くまで続きます。その間、サーキュラーキーからオペラハウスまでは大混雑するので気をつけてください。治安的にはまったく問題ありませんが、人混みに紛れてスリがいる可能性もゼロではないと思います。

ビビッド・シドニー
こんな感じで上も下も大混雑です。歩くのがかなり大変かも。オペラハウスまでたどり着いてしまえば混雑もなくなっていきます。

ビビッド・シドニー
オペラハウスはずっと色々な映像が絶え間なく動き続けます。

ビビッド・シドニー
開催される年によってアーティストが変わるため、毎年行っても別のアートが見られますよ。その年の作品によって評判もかなり違うのですが、2017年のオペラハウスは動きが気持ち悪いと評判だったそうです。

ビビッド・シドニー
そしてオペラハウスの上からサーキュラーキー方面を眺めると、街では光のレーザー光線が。さらにビル自体もイルミネーションで照らされています。こちらのハーバーだけでなく街なかでもビビッド・シドニーは行われているんですね。

ハーバーブリッジも輝く

ビビッド・シドニー
シドニーの名所でもあるハーバーブリッジ。これもLEDで装飾されて時間とともに色が変化して楽しむことができます。

ビビッド・シドニー
ハーバーブリッジにはLEDのチューブが何と1600本付けられているそうです。

現代美術館もプロジェクションマッピングで光り輝く

ビビッド・シドニー
サーキュラーキーのフェリーターミナル近くにある現代美術館の建物もプロジェクションマッピングでかなり光り輝いていました。建物自体が横長なのでプロジェクションマッピングが映えますよね。

シドニーの街が光のお祭りに

ビビッド・シドニー
ビビッド・シドニーはシドニーの中心地全体で行われていて、いたるところにイルミネーションや光のアートがあります。

ビビッド・シドニー
アートなのでこれは一体!?というものも多いですが色々な場所に色々な光のアートを見つけに歩くのも良いものですよ。

ビビッド・シドニー
街全体を明るく照らし出すのですが、人々がそれをゆったり楽しんでいるのが良いですね。暴れだしたり大声を出したりするような人が皆無だったのは日本と違うところだなと感じました。もし渋谷などでこれをやったらと思うとゾッとします。

大道芸人たちもサーキュラーキーなどに出てきます

ビビッド・シドニー
ビビッド・シドニーでは人出が多くなるため、大道芸人たちも稼ぎ時とあって多く集まるようです。サーキュラーキー周辺は広い道路があるのでここでダンスやマジックショーなどが行われていました。

また光るおもちゃなども路上販売していたりして、それを手に持ってビビッド・シドニーを楽しむ人たちも多かったですよ。

ビビッド・シドニーの期間は、フェリーで海からビビッド・シドニーを楽しむキャプテンクッククルーズのツアーもあるので、何日もシドニーに滞在する場合はフェリーからシドニーの街を眺めるのもよいかもしれませんね。

関連ページ